サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全商品最大20%OFFクーポン(1218-21)

12/1 100万ポイント山分け!必ずもらえるキャンペーン(~1/8)

電子書籍

オーバーイメージ みんなのレビュー

  • 著者:遊佐真弘, イラスト:さんた 茉莉
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

オーバーイメージ 2 漆黒鋭剣

紙の本オーバーイメージ 2 漆黒鋭剣

2015/09/18 11:23

押し付けて上書きする理想

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

何者かが生み出したゲーム「Over Image」では、【イマジネーター】と呼ばれる能力者たちが自身の願いを賭けて《反転世界》で闘争を繰り広げられる。【退場】すれば、その人の大切なものを《色彩世界》と呼ばれる現実で失うというペナルティが課せられる。
 かつて、真白彩は魅影ミ黒を助けたことで【退場】し、幼馴染と妹に不幸が訪れる結果となってしまった。しかし再びゲームに復帰した真白は、ミラピリカ・スタッカートや紀無玉求も仲間とし、【無理想像】という、全体で九名しかいない特殊な能力を取り戻しながら、ゲームの【調整者】として君臨することを拒んだため、逆に【調整者】から狙われることと成ってしまった。

 そうして送り込まれたのは《人間失核》夢壊遊廻、前回、真白を【退場】させた【調整者】だった。
 願いを叶えることよりも【イマジネーター】を殺すことに喜びを見出している夢壊遊廻は、すぐには真白彩を狙わず、最も効果的に彼を殺そうと策を巡らして来る。それに付き合って消耗するのも嫌だとばかりに、玉求は、ピリカや魅影と共に、真白彩との三連続デートを提案するのだった。

 七割くらいはラブコメに傾いているファンタジーで、なかなかファンタジーとしての物語は進んでいかないのが残念なところ。今回も「俺は理想を貫くためには犠牲を厭わない(キリッ)」という感じに主人公が言っているだけで終わっている気がする。
 いやもちろん、色々と悩んだりするふりはするんだけれど、結局は圧倒的強者の余裕にしか見えないというか…そんな甘さが感じられる。かつて受けた痛みは身内とはいえ他人のものだから、自身の痛みとして受け止め、考えることも出来なかったのかな?それは結構、罪深い気もするので、夢壊遊廻が真白彩に投げかけた言葉の数々は、結構、正鵠を射ている気がするのだ。

 やっぱり、辛い過去もしっかり描いた上での現在じゃないと、未来に進むために過去を切り捨てることになってしまうのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

オーバーイメージ 1 金色反鏡

紙の本オーバーイメージ 1 金色反鏡

2015/08/28 13:12

想像力で敵を倒す

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近、立て続けに幼馴染や妹が不慮の事故にあうという不幸が続いていた真白彩は、最後の幼馴染の紀無玉求と通学中、自分だけが色彩のない反転世界へと転位させられてしまった。その世界では、氷の女王と渾名される小柄な先輩・魅影み黒と、転校生の金髪巨乳・ミラピリカ・スタッカートが殺し合いをしていた。
 特に面識はないはずなのだが、魅影は彩をその殺し合いから逃がしてくれ、そしてその後、ピリカは彼を仲間に誘ってくる。彼女たちはイマジネーターという存在で、何者かに招待された「Over Image」という枠組みの中で、自分の願いを叶うため、他の参加者を退場させているという。そして退場した者には、その人が失いたくないものを失うというペナルティが課されるらしい。

 辞退不可のゲームにあって、しかも他の参加者は自分たちを殺しに来る中、相手を殺さずに願いを叶えるという理想論を唱える彩に、ピリカは当初反発しながらも、魅影と諍いをしつつ、彼の許にいるようになる。だが、オーバーイメージの管理者たちは、彼らのそんな行動を見逃しはしなかった。

 異能バトル学園ラブコメということで、いかにもMF文庫Jらしい作品だと思う。逆に言えば、挙げようと思えばいくらでも類似作品を挙げられるということでもあるが…。
 序盤はかなり強引な展開で、物語の構成があまり上手くないと感じたが、そこをひとまず乗り越えた後のバトルとラブコメには無難さがある。個人的には、せっかく“願い”というエゴイスティックなものをゲームの基盤にしているのだから、内面をえぐって形にした様な、ねっちょリドロドロの展開を希望したいところだが、それをやるとMF文庫Jっぽくなくなるから、たぶんやらないんだろうな。でもだったら、どうして“願い”をゲームの基盤にしたんだ?とも言いたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示