サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン (~9/30)

電子書籍

セレモニー黒真珠 みんなのレビュー

  • 著者:宮木 あや子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

セレモニー黒真珠

紙の本セレモニー黒真珠

2013/10/29 21:37

おもしろい。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:結子*uco* - この投稿者のレビュー一覧を見る

木崎という男性にどんどん惹かれていきました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

セレモニー黒真珠

紙の本セレモニー黒真珠

2012/01/10 11:33

葬儀会社での日常ドラマあれこれ。

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『花宵道中』でハマった宮木さん。
宮木本として読むのはこれが二冊目。
アンソロジーではちらほら読んではいるのだけれど。

ただ、『花宵道中』以外、
もうひとつハマらない。
なんでだろう。


物語の舞台は町の葬儀屋セレモニー黒真珠。
笹島、木崎、妹尾の三人の従業員を軸に、
葬儀屋とその周囲で起るドラマが6篇収められている。


内容としては好きなのだけれど、な。
しっかりものの笹島も、
火葬場の煙を見るのが大好きな木崎も、
ちょっと大変な過去を持つ妹尾も、
セレモニー黒真珠の社長だって、
大好きなのだ。

だけど…。
なぜか頭に入ってこない。
タイミングの問題か。
とも考えたのだけれど、
もしかしたら、文章が合わないのかもしれない。

加えて、場面展開の仕方が好きになれない。
それは「工夫」とも呼べる仕掛けなのだけれど、
もっと「ベタ」な方法でよかったんじゃないかな。
特に唐突な回想シーンが好きになれない。

ただ、アンソロジー『好き、だった。初めての失恋、七つの話』に
収録されていた『はじめてのお葬式』だけは、
何度読んでもぐっときた。
ベタなんだけどな。
ぐっとくる。


宮木さん…。
これから読み続けるか悩むところです。




『セレモニー黒真珠』収録作品
・セレモニー黒真珠
・木崎の秘密
・主なき葬儀
・セレモニー白真珠
・あたしのおにいちゃん
・はじめてのお葬式


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示