サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

電子書籍

ぷりぷり!! みんなのレビュー

  • 夏緑, なもり
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

ぷりぷり!! 2

紙の本ぷりぷり!! 2

2009/12/03 17:10

軌道に乗ってきた学園編に新たな動きの予兆

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻に続く学園編。壮大(?)だった旅の末に激闘(?)を繰り広げた前シリーズから舞台を学校へと移した本シリーズにあって、こう、何と言うか、引っ越ししたばかりみたいなぎこちなさもあった前巻よりも随分とセリフ回しややり取りがスムーズになっており、くだらなくて馬鹿馬鹿しいがタメにもなるうんちくネタやギャグも冴えてきている。

【一話】
生骸(ゾンビ)と言えば本シリーズらしいが、実際は幽霊と怪談がモチーフの話。前巻の「サメ」を含めて、生骸を出現させた人物が判明する話にもなっている。本田聡子と行動を共にすることになった(復活の)サロメが小学生ばりにエキサイトする様と、その困ったちゃん振りに嘆息する聡子の方が面白かったりする。

【二話】
軽音楽部の面々が部費を調達するためにバイトする話。シエラに対抗心を燃やす姫小路ミルカがこれに横やりを入れる展開である。ここでも生骸を出現させる人物とその従者とのやり取り、この含みのあるやり取りを示すための話になっている。結末に至る展開が少し強引で、陣とシエラの気持ちがすれ違うところの描写も少し無理矢理感アリ。ここでもサロメと聡子のとぼけた会話が面白い。

【三話】
意外な面白キャラだった雛菊先生からの結構無理のあるお願い話。教職員対抗ソフトボールとバンド「プリプリ」とのコラボレーションである。シエラに対する意識に戸惑うばかりの陣がヘンに考え過ぎて勝手に諦めムードを醸すヘタレ野郎になっている。もどかしさ満載ながらもそれぞれの気持ちが進展の気配を見せ始めたのに、それが災いして却って距離を生んでますますもどかしくなる悪循環である。

学園編は学園編で何かと騒動が持ち上がるであろう、その下準備に費やされた第2巻と言える。ミルカに従う謎の女性【富士峰子】の思惑が断片的に見え始めてきたた。今度の敵はメイド・イン・ジャパンな神仏融合か?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ぷりぷり!! 1

紙の本ぷりぷり!! 1

2009/09/16 22:08

『ぷいぷい!』二学期編の始まり

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

まさかのタイトル変更に驚いた。前シリーズ(と呼ぶのだろうか)での「聖櫃(アーク)」および「妖魔(ダイモン)」絡みの展開が一区切りしたので改めて学園主体でいこうというのと、巻数が増えると新たな読者を開拓するにはハードルが高くなるので、ここで一度リセットしようという(主に編集サイドの)思惑が働いたのかもしれない。確かに本巻から読み始めても何とかなる書き方にはなっている。ま、どちらにせよファンにとってはどーでもいい二学期編である。

新シリーズ(?)の始まりらしく、新キャラが2人登場している。今更必要か?とも思ったが、【姫小路ミルカ】はなかなか面白い。いわゆる似非セレブなのだが、この態度のデカさとか、シエラと張り合う姿とか、極道的オラオラ系な出自とか、いといろと笑える要素に溢れている。それなりに金も権力も持っているようで、今後のセレブ対決が面白くなるかもしれない。

一方の【神宮寺あすら】も悪くはない。実家が寺なのに苗字が神社絡みだったり、キャラのモデルがあの興福寺の国宝だったりして、これも本シリーズらしさが出ている。ただ、もう少し荒くれの方向に振られるかと思ったが、意外にも悩みを抱えた純情さんだった。

本編自体は、新シリーズの導入的要素が強く、つまり内容的にはこれからなのだが、それでも何だか不明な古代の化け物が出てきたり、前シリーズで重要な役目を果たしながら可哀想なポジションだったイジられっ娘が復活していたりで不穏な要素も相応に残ってはいる。それに何より心配されていたアルフの問題が唐突に展開しているので、これらの要素がどのように絡んでくるのかが今後の読みどころとなってきそうである。しかし、全くどーでもいい余談だが、タイトル変更がこの次にも行われたら、その時はタイトルの「!」が3つに増えるのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ぷりぷり!! 3

紙の本ぷりぷり!! 3

2010/03/10 18:06

急にちょん切られたような「大団円」

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者が巻内のあちこちでしきりに「大団円」と謳っているが、いかにも尻切れトンボを強引に結んだように感じられる終わり方にも思える。かなりの伏線が未回収というか余韻を残したままとなっており、この2学期編になってから現れた敵との決着が「未来のご想像にお任せ」では、そもそも何のために出てきたのか解らなくなってしまう。ついでに言えば、アルフが回復した理由もうやむやなままだし、シエラ(父)=座堂冷(ピエール)、シエラ(母)=座堂踊(オードリー)のような、シエラの漢字名も登場せず終いである(個人的にはこれが気になる)。元々の本編が『ぷいぷい!』で終わっていて、こっちはオマケと思えばそれまでのことかもしれないが、あすらやミルカといった『ぷりぷり!!』からの面白キャラ達の活躍をもう少し読みたかったな、という心地良くない後味を引きずるのも事実。“オトナの事情”かなぁ~?と思えなくもない唐突な「大団円」のシリーズ最終巻である。

と、全体としては辛口噴出なのだが、本巻収録の3話は割と面白い。雛菊先生はシリーズ全体で活躍して欲しかったなぁという【一話】、訳あって男に萌えまくる野郎共がイタくて可笑しい【二話】、サロメの鉄子振りが弾けながら陣とシエラの恋模様に変化が訪れた【三話】と、各話を別個に見れば本シリーズらしさに溢れた面白さがあった。人類の英知を称賛する結び自体も悪くないのだが、終わり方に難を残したことがケチを付けてしまう結果に繋がったように思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示