サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

修正:全商品20%OFFクーポン(1020-22)

電子書籍

無法の弁護人 みんなのレビュー

  • 著者:師走 トオル, イラスト:toi8
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

無法の弁護人 1 法廷のペテン師

面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マー君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本では珍しいと思われる法廷物。
アメリカは陪審員制度を導入しているので陪審員を納得させるのが大切。
裁判員制度の日本では裁判員を味方にしようとするのかと思うが本作品では検察官を攻めて起訴取り下げに持ち込む。
その手段を選ばないやり方がともかく面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

無法の弁護人 2 正しい警察との最低な戦い方

次が楽しみ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マー君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近はテレビでもいくつか放映されている法廷もの。
一度起訴されると99.9%は有罪になるという日本の刑事裁判。
推定無罪は名ばかりで検察に間違いは無いと見立てに従い容疑者は有罪とされてしまう。
罪を認めなければ反省が認められないと情状酌量がなくなり、認めればそのまま有罪。
これだけ犯罪が増えれば検察もしっかり捜査?できないのかもしれないが、無罪の時だけ推定無罪を言い訳とせず人の人生わやにしたこと謝罪するべき。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

無法の弁護人 法廷のペテン師

電子書籍無法の弁護人 法廷のペテン師

2016/02/20 02:53

”弁護士が検察煽るのは常識”

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nawade - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔、富士見ミステリー文庫から「タクティカル・ジャッジメント」という法廷ミステリーが存在した。
ラノベベスト10に入るくらいお気に入りのシリーズであったわけだが、その作者が新たな法廷ミステリーに挑戦。

この2作品を対比しながら読むとノベルゼロという新レーベルのカラーも見えてくる。
前シリーズより荒唐無稽さは抑え気味でワトソン役は女性ではなく男性と華やかさもない読み応え重視の内容でした。
裁判員制度導入前と後の法廷の雰囲気の違いも楽しめた。
”弁護士が検察煽るのは常識”の一言が内容をよく表している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示