サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

【ポイント】ダイヤモンド社 ポイント30倍フェア(~9/30)

電子書籍

きゅーきゅーキュート! SS みんなのレビュー

  • 野島けんじ, 武藤此史
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

きゅーきゅーキュート!SS 2 素敵にスイート!

サブタイトル通りの「素敵にスイート!」な1冊

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

『SS』のレビューには冗談交じりに記したが、もし『SS2』が出るなら「巴編」だろうと半ば本気で思っていた。なので「スイート編」と知った時には、別にスイートを嫌っている訳でも何でもないのだが、何となくのちょっぴり期待外れ感を抱いてしまった。これを大いに反省してお詫び申し上げなければならない。スイート視点で綴られる日常的なドタバタ全4編は前巻と概ね同じなので同様に楽しめるのだが、何と言うか、生真面目で上品で謙虚で誇り高きスイートならではの展開が実に心地良かったのである。キュートとの“胸囲”対決だったり、図書室で見つけた本に魅せられて妙なことを理刀に試したり、温泉旅行でお約束展開の果てに探偵になったり、クラスの“鬼ごっこ”で(これまた)お約束展開だったりと、「キュートとはホントに仲良し姉妹なのね」という微笑ましさを含んだストーリー自体は想定できるものながら、理刀に振り向いてほしいばっかりにあれこれと策を巡らす健気で一直線な行動を、その目的に捉われて本質を見落としていた自分の非に気付いて改めるという、実にスイートらしい気高さを垣間見せてくれるのである。う~ん、これは見直しちゃうなぁ、という淑女なスイートがいっぱいである。そして白眉なのが“鬼ごっこ”の話。これ自体は、クラスのある決め事のためのオマケ要素なのだが、これにスキュースからのちょっとした「贈り物」が加わって真相が明らかになる件はちょっと感動的ですらある。スイートが志すものの相棒というか永遠の友との初めての出会いがさり気なくも爽やかに演出されている。アビゲイルという、本編にも出てきてほしい面白クラスメイトもいて、そういえば地下学院(アンダーレゾン)に通うのはスイート1人だったなぁとの思いが、何だか授業参観でホッとする親御さんみたいな心境に変わる良さもあった。何気に大胆なスイートも可愛らしかったし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

きゅーきゅーキュート!SS 1 クールに黒媛!

1人のサブヒロインに特化するアイデアが良い短編集

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

実は出版社のサイトで本作の発売を知ってから物凄く楽しみにしていた。これほど待ち遠しかった作品も久し振りである。なぜなら、あの亜威黒媛が(本作に限り)実質的なヒロインだから。こうなると短編集と言うよりスピンオフ作品の様相を呈している。本シリーズの恋模様は基本的に理刀とキュートで鉄板なのだが、黒媛や美々津巴、スイートといったサブヒロインにもエールを送ってしまう諸兄ならば実に楽しめる作品である。しかし、だからと言ってラヴラヴ一直線な内容かと言うとそうでもない。おそらく作者の中でメインのキュートとサブの黒媛という位置付けが比較的はっきりしており、ある程度の距離は維持したいのではなかろうか。そんな気がする微妙で絶妙な関係が描かれている。これを物足りないととるか、これくらいで良いととるかで本作の評価も別れるところでもあろうが、それでも溺愛する妹のデート(?)を尾行するための、理刀との擬似デートだったり、乗り合わせたエレベーターが突然停止したりといった王道的ストーリーに黒媛の弱点(コスプレや昆虫など)を絡めたドキドキなシチュエーションが程よく演出された全3話である。個人的にはもっとくっ付いて収拾が付かないくらいの理刀争奪戦を密かに期待しているのだが、黒媛もまだまだどこか遠慮気味だし、何と言っても理刀自身の気持ちが(黒媛の振る舞いにドキドキそわそわするものの)キュートから離れないので、ま、こんなもんか、というところである。この辺りは本編第7巻での順番デートの時に似ている。

今回の『黒媛編』の次にはいずれ他のサブヒロインも、と期待してしまうが、是非『巴編』をお願いしたい。サブタイトルは『美々津のヒミツ』でどうでしょう、野島先生?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

きゅーきゅーキュート!SS 3 とびっきり巴!

巴の内面も盛り込んだ「らしい」一冊

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

満を持しての登場……かどうかは不明だが、読み手としては満を持して待っていた一冊ではなかろうか。『黒媛編』、『スイート編』に続くサブヒロインのスピンオフ短編集第3弾は、そのオドオドした自信の無さにもちゃんと理由があったおとなしい娘、奥ゆかしいけど一途な想いがちゃんとあって、それが内向きに悶々と働くために自室がびっくりするような事態になっている面白い娘、ようやくの巴編である。

その性格からしてどんなエピソードが綴られているかと期待したが、良くも悪くも実に「らしい」内容と言える。今回せっかくのメインヒロインなのだからもっと弾けてほしかった気もするが、そもそも無理な話であろう。本編第3巻辺りから存在感が出てきた巴と認識しているが、あの頃よりも今の方が随分オドオドしていると思う。それはズバリ理刀を意識し出したからと推察するが、そんな想いを抱きながら表に出せず、活発に振る舞う他の友人達を羨ましく思う内気な娘の心境がよく出ていた。【死霊使い(ネクロマンサー)】という出自も含めて自分を否定的に捉えているところには共感を覚える部分も少なくない。そんな巴がいろいろと頑張るエピソード(全4話)が収められている。

オチが少し弱いというか、もう少し描いてから結んでほしいと思える話も多かったが、想いと行動とが一致しなくて内心キュンキュンしている巴にはもどかしさと可愛らしさが同居しており、しかも最後の最後には半ば無意識ながら実に思い切った行動にも出て「頑張ったなぁ」という場面もあった。何故か4話中3話で下着さえも未装着な事態になっており、中でも男子不在(と思っている)気安さから軽装のまま“先っぽ”まで存在感を主張しているエピソードでは普段とのギャップを感じさせる良さもあった。ここでは【死霊使い】の力量と凄みを垣間見せる瞬間もある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示