サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

【ポイント】ダイヤモンド社 ポイント30倍フェア(~9/30)

電子書籍

ラノベ部 みんなのレビュー

  • 平坂読, よう太
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本

ラノベ部

紙の本ラノベ部

2016/12/10 12:48

らのべまんせー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あくあ9いっぱい - この投稿者のレビュー一覧を見る

ライトノベルが好きな人達が集まる部活のお話です。アニメやゲーム、映画や小説が好きな人にも共通する点があります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ラノベ部 3

電子書籍ラノベ部 3

2016/12/10 12:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あくあ9いっぱい - この投稿者のレビュー一覧を見る

愛いです。「とある」といえば、「僕は友達が少ない」のア
ニメでみんながバーチャルゲームをやる話があるんですが、

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ラノベ部 2

電子書籍ラノベ部 2

2016/12/10 12:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あくあ9いっぱい - この投稿者のレビュー一覧を見る

学の超電磁法」のヒロインが電撃する話をみんなが知らない
かもと思って解説してる当物語の主人公は、とっても天然可

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ラノベ部

電子書籍ラノベ部

2016/12/10 12:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あくあ9いっぱい - この投稿者のレビュー一覧を見る

中に色んなラノベが出てきますがラノベに詳しい人もそうで
無い人もふむふむと読めますので楽ちんですよ。「とある科

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ラノベ部

紙の本ラノベ部

2009/08/15 18:05

ラノベで楽しく遊ぶ本

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 軽小説部という、主にライトノベルを読む部に所属しているメンバーのトークを読む感じのラノベ。
 初めてラノベに接したという物部文香という少女が一応主役といった感じで、ラノベのセリフとかをネタにしたり、雑談したり、リレー小説をやったり、本当に日々の活動をそのまま描いたような作品。しかし、文香に薦めるという形でラノベの啓蒙活動的な発言もあったりして、たまに侮れない。作中で紹介されるラノベは、実名が登場しないものも含めて実在すると思うので、そのあたりを想像しながら読むのも楽しいだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ラノベ部 2

紙の本ラノベ部 2

2009/08/15 22:18

軽小説部はじめて物語

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 軽小説部創部までの経緯を織り込みつつ、アメリカからの留学生リア加入のお話や、コスプレネタ、ボーイズトークなどが、前巻と同様、オムニバス形式で綴られている。約一年前のお話が分量的に多いので、必然的に竹田と美咲に関する話題が目立つ。あとは、物部姉妹の不思議な関係とか。文香にはまだまだ謎が多い。
 ラノベ部というタイトルを意識したのか、前巻に比べても、ライトノベルというジャンルに対する部員の考察があちこちに登場する。竹田のライトノベルの定義や、暦のメタ論、男子部員3人による萌の定義などがそれだ。こういう様な事をつらつらと考えてみるのも、また一つの楽しみ方かもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ラノベ部 3

紙の本ラノベ部 3

2009/08/16 08:20

ある日突然に

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 何か問題提起をしたら、作者なりの解を示すまでが1セットではなかろうか。そのあたりをぼやかしたままで、作品は終わるけれど物語は続いていく、みたいに言われても、急きょ決まった週刊連載の打ち切り作品じゃないのだから、突き放し過ぎな気がする。まとめる自信がないなら、そういう展開に持って行かなければ良いのに、とさえ思う。
 今回は、ラノベ部の"部"の部分にフォーカスして、部員達の物語を中心に描かれている。だから、ラノベについて語るところは少ない。一部、パロディ的な部分はあるけれど。自分で決めた枠は目安として利用するのは良いけれど、変に縛られる必要はなかったんじゃないのかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示