サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

コミックセット30%OFFクーポン 帯バナー&メール用看板作成(~9/24)

電子書籍

おくちにあえば、うれしいです みんなのレビュー

  • 著者:若林 三弥子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

おくちにあえば、うれしいです 北鎌倉の料理サロン“ボアメーザ”のレシピ part1

構成としてはバランスがよいが、文章表現に難あり

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mikimaru - この投稿者のレビュー一覧を見る

夫の海外駐在にともない中近東や南米に暮らした著者は、現地を訪れる人々をもてなすことでさまざまな料理や知恵を身につけてきた。その経験を生かし、子育てや介護がひと段落ついたころ自宅で料理教室「ボアメーザ」をはじめる。家族の協力あっての船出だったが、現在では250人もの生徒さんを抱えるまでになったとのこと。

自宅で教室というのは、気楽なように思えてかなり決意のいることではないかと思う。生活空間との区別や気分転換も容易ではないだろうし、料理だけを作ればいいというのではなく、テーブルウェアやインテリアもまた考えなければならない。

わたしが自宅で料理サロンを開く人の本を読むのは、これが二冊目だ。単なるレシピ本と異なり、醸し出される雰囲気が自分の好みに合うかどうかで、料理や本全体の印象も大きく左右される。以前に読んだ別著者のものは、まったくわたしに合わなかった。書評を書く気になれないうちに絶版になってしまったようだ。

いっぽうこの本は、ところどころ表現に疑問があることと、食器の色遣いなどが合わない点があるものの、全体的な構成としてはバランスがとれているように感じた。

内容はおおまかに「春、初夏、盛夏、秋、クリスマス、真冬、ふたたび春」といった章に分かれており、各章で序文、テーブルコーディネート、料理3品目とデザート1品を紹介している。また、余った材料を利用した「裏レシピ集」の章もある。

春を例にあげれば——
---------
幸せになりたいと思ったら(序文)
春のテーブルコーディネート
翡翠フラン
鯛のカルパッチョ
春野菜とじゃこのパスタ
豆まめティラミス
---------
といった具合だ。

季節の食材を用いて、外国でつちかわれたセンスを活かした料理を生徒たちに提供する。デモンストレーション形式なので生徒は見学がメインのようだ。テーブルコーディネートも(日常から離れたやや裕福な人向けの印象を受けるが)きちんとなされている。つまり、本としては美しくまとまっているといえる。

ただ、美味しそうな料理もあるが、個人的な印象として「ぜひとも作りたい」というほどのものは少ない。その理由のひとつとしては、レシピの文章のつたなさがあげられる。すべての文章表現がとても長い。
----------
例:P.62
1 りんごを煮る。皮をむき8等分してから、芯と種をのぞいてブラウニーに入れる1個分は2mmの厚さに切り、1個は8等分の大きさのまま、鍋にレモン汁、グラニュー糖とともに入れて強火にかけ、水分がすっかりなくなるまで、焦がさないように煮る。煮あがったらペーパータオルを敷いたバットなどに取り出しておく。
2 型に溶かしバターを塗り(……以下略)
----------
このくらいの長さのものは、ほかのページにもあるので、あくまで例のひとつだ。


また、もうひとつ気になった点として、事実確認の問題がある。

製菓用として有名なフランス企業製品を料理に役立てている例が何カ所かあるのだが、P.75のドゥマールのロールパットについて「オーブンには入れられませんが」というのは、あきらかに著者の勘違い。この製品シリーズは耐熱250℃で焼成に利用可能である。

好意的に解釈すれば、サイズが大きいため著者の家のオーブンにはいらないという意味かもしれないが、あきらかに誤解を招く表現だ。

評価は☆4つ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示