サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

	全商品500円OFFクーポン(0925-28)

電子書籍

色弱が世界を変える みんなのレビュー

  • 伊賀公一 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

色弱が世界を変える カラーユニバーサルデザイン最前線

自分の世界を広げる重要なヒント

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:muneyuki - この投稿者のレビュー一覧を見る

「マトリックス」という映画がありますが、
ちょっとSFやホラー、ミステリー、
もしくは哲学や心理学に少しでも興味がある人は
「自分の見えている世界、認識している世界は本当に真実の世界なのか?」
という妄想に囚われた事があるんじゃないでしょうか。

確かに其処に存在しているモノが在るとしても、
それを受け取る受容者の経験、知識、感情、そして身体の差異によって、
其処に在るモノの姿・形は一通りでは無くなるのです。

僕は「色盲」「色覚異常」という語感に惑わされて、
ソレ等は後天的な、手術や調薬で治る病気の様な、
落ちた視力をレーシックで取り戻す様な「治せる」ものと考えていました。
まずそうした事実誤認を矯正するのに役立つのが本書。

色盲、色覚異常、つまり「色弱」とは
ある色に対応する錐体細胞が、機能しない・もしくは存在しない「特徴」だという事。
この認識が無い人は結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。

で、著者である伊賀さんが自身の人生を踏まえて
「色弱とはなんたるか」、
そして現在色弱の人達を取り巻く社会状況、「カラーユニバーサルデザインについて」
を解説してくれています。
別段、かしこまった解説書でも無ければ、自分の認識と違う世間に対する説教の書でもありません。

"「これはカッコいいデザインで売るんだ。カッコよさを売るんだから色弱のことなんか考えない、ほっときましょう」。こういう製品があってもいいと私は思います。
でもほとんどの商品群はたくさん売れたほうがいいから、全国に300万人いる色弱の人にも買ってほしい。そのためにはCUD(カラーユニバーサルデザイン)化も考える。"

決して「弱者に目を向けろ」という、ベチャベチャした少数者の怨恨の感は全くありません。
例えば「これからカラーコーディネーターの勉強をしよう!」と考えている人にとって、モチベーションを上げる為の本にもなるでしょう。
しかし、其れ以上に、
「企業の社会的責任を考えている会社人」、
「多様な生徒たちの状況に教育的責任を持っている教師」、
「様々な価値観が有る事を勉強するべき学生」
こうした人達が読む事で、自分の無知を知る事、
そして自分の後に続く者達への道を示す事。
「大人になる」という事に、手を貸してくれる本なのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示