サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

 【ポイント】経済ビジネスジャンル全品ポイント最大50倍施策(~10/26)

電子書籍

編集者という病い みんなのレビュー

  • 見城徹
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

編集者という病い

紙の本編集者という病い

2008/05/06 08:24

黒子であるべき編集者が表に出てくるのだから、もっと自分をさらけ出す覚悟がいるのではないか

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

様々な出版物が著者の才能や努力だけでなく、それに関わる編集者の力によって世の中に出てくるものだということは、すでに知られていることだろう。無から小説なり、何らかの出版物、その他のメディアを生み出すのは実作者に違いないが、多くは混とんとした表現の塊にすぎない。それを世に問える形に直していくのが編集者ではないかと考えると、自分の仕事にも何か通じるものを感じて、何人かの編集者の伝記、評伝を読んでみた。それはいずれも過去の編集者であり、今この時代に編集者を語ろうとするならばどうしても避けて通れない人がいる。それがこの本の著者である見城徹だろう。
言わずと知れた幻冬舎の社長であり、角川書店時代からベストセラーを産み出してきた編集者である。彼が産み出した出版物と知らないままに何冊も読んできたはずだ。これは、押さえておくしかない。
三章立てに、序章とあとがきを加えた300ページにのぼる1冊だが、章立てされた本文はいくつかの雑誌に掲載された文章をまとめたもので、この本のための文章は序章とあとがきのみと言っていい。そのためか、いくつかの内容が何度も繰り返される。特に尾崎豊との交流(と言うより格闘とでも言いたくなるような話だが)や村上龍、石原慎太郎との関わりのあたりは著者の思い入れも強いのか、何度も何度も出てきて、途中から「またこの話かよ」と思わさせられてしまう。名編集者の本であるにも関わらず、このあたりは何も手を入れられていないようだ。何とかならなかったものだろうか。
現存する編集者の関わった仕事なので、出てくる作家らも最近の人が多い。ベストセラーの隠れたエピソードとして読むには興味深いものもある。しかし、そこに出てくるのが作家らだけでなく、見城自身の話が随所に出てくるようになると、また趣が違う。見城の手法が、作家らに肉薄して刺激して最後には書かせたいと思っているものを作り上げてしまうというものである以上、見城がいかに作家らに関わったのか、どう刺激したのかということを描かざるを得ないのだろうが、それを突き詰めていくと「こんな作品を作らせた俺ってすげえだろう」みたいな雰囲気になってしまう。もちろんこの本は見城徹の本なので見城が前面に出てくることになるのだろうが、あまり前面に出てこられるとかえって作品が遠ざかってしまうようにも思う。
やはり見城徹はすごい編集者だと思う。しかも今は単なる編集者を超えて、出版社社長として出版文化全体を手掛けてもいるわけだ。そんな彼の、ここまで事を起こそうとする内面をもっと知りたいと思った。尾崎豊の復活を手掛けた話や、村上龍とテニス三昧だった話や、石原慎太郎に裕次郎のことを書かせた話もいいけれど、「そんなことができるあなたってどんな人なの?」ということを教えてほしい。そこにはきっと作家ら以上に魅力的な人生があるのではないかと思っているのだが、どうだろう。時にはそんな姿を見せるのも、編集者の力量の一つだと思う。
そうか、この本の編集者は見城ではなかったのだ。見城が自身を俎上に載せて作り上げたものを見てみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示