サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全商品20%OFFクーポン(0922-24)

電子書籍

大久保利通 維新前夜の群像5 みんなのレビュー

  • 毛利敏彦 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

大久保利通

紙の本大久保利通

2010/08/05 11:51

国家の枠組みと後継者を残して去った政治家。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浦辺 登 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大久保利通といえば、明治新政府の実質的な宰相として知られている。あまりに著名な存在であるため、歴史教科書や小説での大久保しか知らない。
その大久保の姿は冷徹という印象で語られ、対比として人情家の西郷さんがいる。ときに仲間を出汁に使い、ときに仲間を裏切る術を知り、あえてババを引くことはしない。駆け引き上手は政治家の手腕の一つだが、西郷さんの言動に比べると陰湿という印象を受ける。しかしながら、欧米諸国やロシアの脅威の中、いかにして日本という国を独立国として維持していくのかを真剣に考えていた人物と見てもよい。
 この大久保が優れているのは、自身の後継者を見出していたことにある。それも薩摩という藩閥にとらわれず、肥前の大隈重信、長州の伊藤博文を財政部門に据えていたことに現れている。この両者、紆余曲折、葛藤、闘争はありながらも、後に内閣を組織するまでになっているので、大久保の眼力は確かだった。
 さらに、この大久保の仕事の進め方を見て行くと、欧米流のマネジメント、特にリスクマネジメントを熟知していることだろうか。通常でも三つの手を持っていて、一つのカードでダメなら次のカード、それでも駄目なら第三のカードという具合である。あえて、火中の栗は拾わない。それでいて、進める時には一気呵成に成し遂げる。
 もしかしたら、こういう様様な手段は、あえて、大隈や伊藤という次世代の首相候補生に見せつけていたのだろうか。大隈の頑固なまでの意見の主張、伊藤の鋭利なまでの行政手腕に大久保の姿をみる。
 しかし、十年ごとの国家としてのマイルストーンを置きながら、明治十一年には大久保は暗殺されてしまう。大久保といえども、やはり、清国やロシアと戦争をしたのだろうか、満洲の経営はどのように進めたのだろうか、そういうところまで考えながら読んでいた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示