サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

小学館BOOK全品ポイント最大60倍(~9/28)

電子書籍

荘子 古代中国の実存主義 みんなのレビュー

  • 福永光司 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

荘子 古代中国の実存主義

紙の本荘子 古代中国の実存主義

2004/03/16 21:36

本物の自由と深い人間理解

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:濱本 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

荘子は、紀元前4世紀の人物である。今から2300年前の思想。しかし、その思想は現代でも充分に通用する人類普遍のテーマである。という事は、人間、本質的には、あまり進歩していないのではないか? いや、疑問符ではなく、私は確実にそう思った。科学技術の進歩は目覚しい。しかし、「生きる」という意味において、人類の進歩は、寂しいものがある。
 荘子の掲げるテーマは、本物の「自由」である。その為には、何をどう為し、どう考えるべきか? 本書は、それを分かり易く解説していた。本書の根幹を為す言葉「ながき生命を善しとし、短き生命を善しとする。愚かなる己を善しとし、醜き己を善しとし、貧しき己を善しとし、病多き己を善しとする。自己に与えられた一切の必然を「善し」として肯定する者は、一切に対して囚われることのない自己をもつ。一切に対して囚われることのないのが至人の自由である。至人はただ与えられた自己の現在を自己の現在として生きていく」。
 本書は序説から人間の本質を突く。すなわち、人間とは、死地に追いこまれると、蒼ざめた恐怖の中で生命さえ助かればと思う。飢餓に苦しめられると、無気力な喘ぎの中で食物さえ得られたらと思う。生命の安全がいちおう保障され、三度の食事に事欠かなくなると、衣食の豊かさに心ひかれ、衣食の豊かさがある程度あたえられると富や名声が、さらには権勢や長寿が欲しくなる。すなわち、人間とは欲望そのものなのである。「生きる」という事をその欲望を満足させる事と理解したとたん、「幸福」はその人から遠のいてしまう。欲望を満たす事を追うのでは無く、今置かれた自分の立場に満足し、自分にあるものを最大限に伸ばそうと努力する人、そういう人には、「幸福」は、自ずと近づいて来る。
 荘子は、神を否定するが、ニーチェの「神は死んだ」とは、違った立場を取る。荘子は、「君たちは神は死んだと騒ぎたてるけれども、我々は初めから神を持たなかった。もし人間の孤独が神の死を意味するならば、我々は初めから孤独であり、絶望が神の存在しないことを意味するならば、我々は初めから絶望の中におかれている。」という立場を取る。ニヒリズムと呼ばれるニーチェよりも進んだニヒリズムを持っている。私は、神の実在を確信し、荘子の立場は取らない。そこは、荘子と立場を異する。
 次の言葉も深い人間理解である。「たしかに人間の心ほど不可解なものはない。強いといえばこれほど強いものはなく、弱いといえばこれほど弱いものはない。温かいといえばこれほど温かいものはなく、冷たいといえばこれほど冷たいものはない。しかも強さと弱さが定めなく入れ替わり、温かさと冷たさが気まぐれに変化する。それは神のごとき慈愛に微笑むかと見れば悪魔の如き残忍さに狂いたち、天空の高みに飛翔するかとみれば地底の深みに沈淪する。正しく、私の体験そのものである。人間とは、摩訶不思議な生物である。
 「愛」についても述べる。「人が愛するという意識をもつとき、そこでもはや愛の純粋性は失われている。真に相愛するもの同士は愛しているという意識さえもたないのである。愛するもの同士の愛情に不安が影を落とし、破綻が未来を脅かすとき、人は愛を強く意識する。愛とは愛の喪失に対する防衛の意識であるといえよう。」熟練の夫婦がお互いを空気のように感じる事があるという。本物の愛とはそういうものを言うのであろう。
 まだまだ本書にはdog earを付けた箇所が沢山あるが、この辺で止めておく。本書は、昼休みを利用して読破したものだが、深い人間理解と自由理解を与えてくれた良書と言える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

荘子 古代中国の実存主義

紙の本荘子 古代中国の実存主義

2002/07/30 06:50

福永氏の一つの荘子像

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:影山 師史 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書からは戦争を経験した福永氏のその体験を踏まえた荘子の深い読みを伺うことができる。その中では、荘子はどうしようもない戦国の世の過酷な現実を見据え、それを乗り越えようと考えた一人の実存主義者として、その時代の背景事情などを考慮に入れながら、見事に一つの荘子像を描き出している。その荘子像はただ、『荘子』を読むだけでは見られないような独特な現実感をもって私たちの眼前に現れる。そして、彼は現代社会にある種の閉塞感を抱いている私達に真実在の世界を見せてくれる案内人になるかも知れない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示