サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

修正:全商品10%OFFクーポン(1113-19)

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

プルーストからコレットへ いかにして風俗小説を読むか

「失われた時」を読んでないと辛いかな

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:白井道也 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 小林信彦の「読書中毒」の中でも引用されていたけど、この本の著者は、プルーストの「失われた時を求めて」は3通りの読み方が出来ると言っている。すなわち、1:ひとりの作家が誕生するまでの文学的模索の過程を語った芸術家小説。2:愛と死、そしてとりわけ時間という永遠のテーマに正面から取り組んだ形而上学的小説。3:日々の平凡なドラマを生きる人々が大勢登場する風俗小説。で、この本がやっているのは、大雑把に言って3、「失われた時」を風俗小説として読み解く、ということ。「失われた時」を読んでいる僕はとても面白く読めたのだけど、味読の人にはやはり辛いのではないか。良く書けた本ではあると思うけど、なかなか書店で見つからないのはやはりそういった事情なのではないかしら。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示