サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

9月度:コミック ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

悪と往生 親鸞を裏切る『歎異抄』 みんなのレビュー

  • 山折哲雄 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

悪と往生 親鸞を裏切る『歎異抄』

通説と異なる独創的な観点から分析

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 副題の「親鸞を裏切る 『歎異抄』」に驚かされる。親鸞亡き後の異端を嘆いて、唯円が、師親鸞の語った言葉を、そのまま書き残したのが、 「歎異抄」ではなかったのか。副題から推察されるように、これまで書かれてきた多くの 「歎異抄」の研究書や解説とは異なる、独創的な観点から分析している。親鸞の著作「教行信証」に取り上げられている、「自然」、「無上仏」、「環相廻向」、「海」のメタファー、が「歎異抄」では言及されていないことから、生き生きとした「信」そのものとも言える親鸞の本質を、 唯円は理解していないと、著者は述べている。唯円は 親鸞の 「信」を分析的に捉えているため、本質的なところで、師 親鸞を裏切ってしまうことになる、と著者は結論している。著者は 「歎異抄」の価値を十分認めている。そのうえで、永年の疑問・違和感をを解消すべく研究 、分析した結果がこの本である。親鸞の信仰体験と唯円の分析的解釈の本質的な違い等、初めて理解できた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悪と往生 親鸞を裏切る『歎異抄』

仏教は深い。

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いまさらですが、仏教は深い。
 よく、「日本語には抽象的な概念を扱う語彙が不足している」とかいう言葉を耳にしますが、それはちょっと、誤解ではないか、と、最近思うようになりました。
 なにしろ、日本には「仏教」という、どえらい思想家を多く輩出した沃野があるのですから。日本の仏教が、思想的に骨抜きになるのは徳川三百年の太平の時代に、寺院が統治のための道具として体制に組み込まれてからのことで、それまでの、とくに鎌倉時代とか戦国時代とか、乱世の坊さんの思想には、命懸けで信仰のあり方を模索していて、かなりの迫力があります。
 この本では、「歎異抄」を丁寧に読みといていくことによって、親鸞の言葉を書き残そうとした円進と、親鸞との間の越え難い溝を浮き彫りにしていきます。その作業は同時に、親鸞の激しさと孤独と法悦とを、露にしていく作業でもあります。
 この本を読み終わると、「かつて、日本にも、『自我』という概念はたしかにあった」ということが納得できるはずです。しかし、それは所詮西欧流の「近代的自我」とは、別のものなのですけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悪と往生 親鸞を裏切る『歎異抄』

思いこみを数珠つなぎにしてみました!

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちひ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 論文ふうエッセイの体裁を取っているが、全編にわたり歴史学的・思想史的にはまったく無検証。哲学的にも非常に浅い。手前勝手な思いこみをよくもこれだけ数珠つなぎにできたものである。唯円の『歎異抄』を単体でそのまま読むためにも、親鸞の『教行信証』等と比較・検討しながら読むためにも、超三流の反面教師としてのみ読む価値がある。学際的価値はゼロを大きく下回りマイナスである。

 いくら面白そうな着想であっても検証せずに思いこみだけで書いてはいけないと思う。

 論文としては圧倒的なマイナス点。トンデモ本としては2万点くらいあげたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示