サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

[CPあり]2017年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍

科挙 中国の試験地獄 みんなのレビュー

  • 宮崎市定 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

科挙 中国の試験地獄

紙の本科挙 中国の試験地獄

2010/08/14 19:57

カンニング下着

15人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書の見どころは口絵写真として挿入された「科挙受験者が作成したカンニング下着」の実物写真だろう。科挙は受験生が特別に建設されたタコ部屋みたいな試験会場に一週間こもって実施される。監視が緩いのをいいことに、下着にびっしりと四書五経の要点を抜き書きしてカンニングに使おうとした受験生がいたことを示す動かぬ証拠というやつである。これは迫力がある。鬼気迫るとはまさにこのことだ。ところが不思議なことが起こった。中央公論社がある版から、すっぽりこのカンニング下着の写真を落としてしまったのだ。もしかして自分の気に入らない過去はすべて消し去ろうとする傲慢な某国からの不当な圧力があって、中央公論社がそれに屈したのかもしれない。もしそうなら、そんなことはあってはならない。幸いにして私の手元にある昭和57年第35版にはこの写真はしっかりと写っている。私はこの写真を子どもたちに見せては「な、シナ人は昔からこうやって不正行為を働く汚い奴らだったんだよ」と教えている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

科挙 中国の試験地獄

電子書籍科挙 中国の試験地獄

2017/02/05 11:15

中国インテリの壮絶な生き様

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:t.s. - この投稿者のレビュー一覧を見る

官吏登用のための制度として、我が国や西洋にも影響を与えた科挙をテーマに、
著者は東洋史の大家だそうですが、文章には学問くささがなく、素人にも非常にわかりやすい語り口で、楽しく読み進めることができます。また、ところどころに書かれている著者の所感にもハッとさせられます。
著者の魅力が十分に出ている本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

科挙 中国の試験地獄

紙の本科挙 中国の試験地獄

2002/02/22 16:50

科挙の歴史的意義を求めて

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:白夜 斎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 科挙は、中国の官吏任用制度である。科挙は隋唐に始まり、宋代に盛んになった。本書では清末の科挙制度を詳しく記述していっている。
 県試に始まり、殿試に至るまで、受験生は数多くの試験を受け、多くの人間がふるい落とされる。何度も受験を繰り返すうちに、やがて老人となりそれでもひたすら受験を繰り返すものもいる。その中で、試験制度、社会の科挙を見る目、合否に関する民間信仰、科挙に関する不正などを交えながら、一つ一つの試験を詳細に解説してある。
 「中国の試験地獄」と副題がうってあるが、実のところ試験地獄そのものには批判を加えていない。筆者が指摘するのは、教育に根ざさない任用制度である。中国歴代王朝は有能な官吏を採用することには非常に熱心だが、有能な人材を育て上げることには全くの無関心であったといっていい。表面上平等な科挙の制度も、教育という観点から見るとあまり公平とも言えないと指摘する。
 筆者はこれを通じて、現代日本の定型型単線型教育、入ってしまえばなんとかなる大学、終身雇用制を批判する。
 筆者の宮崎市定氏は、戦後東洋史学の権威である。数年前にお亡くなりになられたが、今日の雇用難や失業率の増加、学習内容の削減とゆとりの教育などの教育改革をご覧になられたら、どのような感想を抱かれたであろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示