サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

総合【総合+ジャンルCMS】ニコカド2017 第3週目(10/13~10/19)

電子書籍

現代思想としての環境問題 脳と遺伝子の共生 みんなのレビュー

  • 佐倉統 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

現代思想としての環境問題 脳と遺伝子の共生

生物学から見た環境問題の真相

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sai - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「脳と遺伝子との共生」。これが本書の副題だ。なぜ、環境問題に脳や遺伝子が関係するのか。筆者によれば、ぼくらの遺伝子は「地球上のあらゆる生物と類縁関係にある」。なにせ人間とチンパンジーとでは、99%遺伝子がダブっているのだから。その意味で、人間は他の動植物とともに、自らの適応情報であるDNA遺伝子を持った存在だ。
 でも一方で、チンパンジーと異なる1%がある。これが脳が監督役となって生み出した「ミーム」と呼ばれる文化の遺伝子である。たとえば避妊法やら酒、タバコなど、どうみたって適応に反するような(生物的な遺伝情報としては引き継がれない)文化を、脳は、わずかの時間で作り出してしまった。そういう意味では、文化の幕開けを告げる大規模な農耕から現在の森林伐採にいたるまで、どれも「ミーム」の仕業なのだ。ここから筆者は、環境問題を、遺伝子情報を無視した脳の暴走と解釈する。では脳の暴走を食い止める、すなわち脳と遺伝子との共生のための秘策はどこに求められるか? 本書の最終章にそのヒントが記されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示