サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍

ヒンドゥー教 インドの聖と俗 みんなのレビュー

  • 森本達雄 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

ヒンドゥー教 インドの聖と俗

紙の本ヒンドゥー教 インドの聖と俗

2004/04/19 18:45

聖なる国インド

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:濱本 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は、宗教に大いに関心がある。コーランも読んだし、聖書も読んだ。仏教については、生まれながらにして、その思想は、身体に染み付いている。これで世界のほとんどの宗教の考えを理解しているであろうか? 答えはNOである。5億の民の信仰する宗教、そう、ヒンドゥ教の考えを理解していないのである。本書は、書店で目にし、迷わずに購入した一冊である。
本書に、ヒンドゥ教を端的に表現したたとえ話が掲載されていた。それは、以下のようなものである。
ある日、村の少年が学校帰りに道端で瀕死の小鳥を見つけた。少年は、二度、三度羽をひくひくふるわせ、やがて身動きしなくなった小鳥の死を見届けると、なにを思ったか、傍らの木片で小鳥の周りにぐるりと輪を描いて走っていった。つぎにそこを通りかかったのは、畑仕事を終えて帰る農夫であった。彼はしばらく、輪の中の小鳥の死骸を不思議そうに見ていたが、肩から鍬をおろすと、穴を掘って小鳥を埋葬し、その上に小石を積んで帰っていった。夕方いつものように、瓶を頭に乗せた女たちが、にぎやかに談笑しながら村の共同井戸へ水汲みにやってきた。女たちは小さな石塚の前まで来ると、急に黙って立ち止まった。女たちは互いにひそひそ話し合っていたが、それぞれ道路わきの藪から野花を摘んで塚に手向け、サリーの縁で顔をおおうと、ひとしきりお祈りをして立ち去った。こうして、いつしか小鳥の塚は村人たちの新しい信仰の場となった。こうして、この塚には、神の名前が付けられ、ここが信仰の発祥の地となる。すなわち、ヒンドゥ教とは、誰が、どういう教義で始めたというものでは無く、人間の持っている慈悲の優しい心から自然発生的に発生したものであるという理解である。この喩え話は、私のヒンドゥ理解の大きな一助となった。
こういう思想から寛容性が生まれるのである。ヒンドゥの心を具現化した人物がいる。それは、ガンジーである。彼は、理不尽な敵に対し、非暴力不服従を説いて、インドを独立に導いた。偉大なるヒンドゥの具現者である。しかし、現在のインドは、イスラム(パキスタン)との対決姿勢を露にし、この高尚な思想は、どこかに行ってしまっている。この矛盾がどこから来ているのか私は知らない。
本書の〆として、シュリー・ラーマクリシュナという修行僧を紹介して本書は終わっている。彼は、ヒンドゥー教に留まらず、イスラム、キリスト教と身体で神を具現化し、あらゆる宗教は、道は違えど同じ山頂を目指すものという事を地でいった人物である。凡人には不可能な厳しい修行の元、神の実在を実感した人物である。私は、彼のような修行者では全く無い。凡人の欲望渦巻く凡夫である。しかし、宗教というのは、彼といい方は違うが同じ感想を持っている。それは、つまり、宗教とは大河のようなもの。道は違えど、海と言う神に全て流れ着く、というものである。
本書は、私に取って未知な宗教であったヒンドゥー教をより身近な存在にしてくれた。充実した読書だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ヒンドゥー教 インドの聖と俗

紙の本ヒンドゥー教 インドの聖と俗

2012/02/10 06:59

インドの宗教でありながら、仏教の原点も理解できる。

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浦辺 登 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新書とはいえタイトルからして手を出しかねるが、見た目より読みやすく、理解しやすかった。ヒンドゥー教というと日本人の理解が及ばない宗教と思ってしまうが、生贄を神に捧げるか捧げないかの違いだけで、原点は仏教と変わらない。ある意味、日本で親しまれている七福神のうち弁財天、毘沙門天、大黒天、吉祥天がヒンドゥー教の神様であることを知ると、親近感と興味がわいてくる。さらに、ヒンドゥー教の怪鳥ガルーダは密教の迦楼羅であり梵天の化身といわれる。ここからも仏教はヒンドゥー教から派生した宗教とわかるが、理解が及ばないインドの土俗宗教と思っていたものが意外にも日本人にとって身近であったことがわかる。
 現代社会は何かと生きづらい。それは何故だろうかと考えをめぐらすと、何らかの事件、事故があればルールや法律を持ち出して規制をかけるからである。言語も宗教も風習も異なる異民族社会の西洋では事細かに契約という取り決めをしなければ物事が進まず、その西洋の考えが東洋の影響下にある日本との間で軋轢が生じているからではないだろうか。
 さらに、深く考えさせられたのは、20ページにある「人間が自己を越えたきびしい目を感じる心を持つこと」、229ページの「利益と愛欲は、人間の本能のおもむくままに放置すれば、偏執や耽溺のわなに陥る危険がある。」の言葉である。現在の日本社会において「お金を儲けることは悪いことですか」と問う事はあっても、「足るを知るとは」と問いかける人は少ない。この言葉の「むなしさ」はどこから来るのだろうか。
 ヒンドゥー教では人生を学生期、家住期、林住期、遊行期の4つに区分するという。この言葉を知ったとき、以前、五木寛之氏が『林住期』という著書を著わされたことを思い出したが、これも仏教に伝播したヒンドゥーの教えだったのかと気付かされた。人生の目的、それは「死ぬ」という「真実」を悟ることともいわれる。そのインド人の哲学思想はどのようにして生まれるのか不思議だったが、それは意外にも昼寝の習慣からという。熟睡はできないものの、真昼の暑さから身を守るために横になるだけの昼寝だそうだが、それは思索にふける時間でもある。現代人の不幸は考える時間が無いことと言われるが、インド人は天地の理に従う事で幸せなのである。
 昨夏、原子力による発電量が不足したことから熱射の夏を過ごしたが、本書を読了後、日本人も慌てず騒がず情報の「断捨離」をし、昼寝から生まれる幸福を感じるとるべきだったと思えてならない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示