サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

コミックセット30%OFFクーポン 帯バナー&メール用看板作成(~9/24)

電子書籍

奥州藤原氏 平泉の栄華百年 みんなのレビュー

  • 高橋崇 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

奥州藤原氏 平泉の栄華百年

紙の本奥州藤原氏 平泉の栄華百年

2002/02/21 22:15

2002/02/17朝刊

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は『蝦夷(えみし)』『蝦夷の末裔』に続く東北古代史三部作の完結編である。奥州藤原氏百年の歴史を描いているが、そこにとどまらず歴史研究の奥深さを感じ取ることができる。
 著者は繰り返し強調している。「とにかく、奥州藤原氏研究の大本となる史料は極めて不足しており、研究上の隘路(あいろ)となっているのである」と。奥州平泉を本拠とした藤原氏については源頼朝、義経兄弟との関係もあって物語などに幾度も取り上げられてきた。しかし研究となると、敗者である藤原氏自身の手になる史料に頼ることができない以上、大幅な制約を受けざるを得ない。
 思いつく史料と言えば、敵であり藤原氏を滅ぼした側の『吾妻鏡』か、京都貴族の日記などに断片的に出てくる名前を拾い集めていく方法くらいなのである。こんなお手上げに近い状況の中で、著者はわずかな手がかりを見つけては様々な史料の山に分け入っていく。そしてねばり強く丹念に事実関係を調べあげる。
 初代清衡は三十年近くもかけて田地を横領しながら領地を増やし、二代基衡が毛越寺金堂本尊を仏師「雲慶」に依頼した際は、想像を絶する贈り物攻勢をかけた。この一節だけで物語にもなるほどである。また、摂関家を巧みに利用するなど、鎌倉というよりも京都との関係を常に意識していたことがよく分かる。
 近年の発掘調査の成果などにも言及しており、この一冊で従来の奥州藤原氏観が変わりそうだ。
(C) 日本経済新聞社 1997-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示