サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

電子書籍

世界の紛争地ジョーク集 みんなのレビュー

  • 早坂隆 (編著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

世界の紛争地ジョーク集

紙の本世界の紛争地ジョーク集

2004/03/30 06:49

笑いとばすほうを選ぶわよ!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アルテミス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 有名なので、知っている人も多いだろう。第二次大戦中のドイツでのジョークである。

 真夜中に空襲があった。防空壕に集まった人の中で、「こんばんは」と挨拶した人は、まだ寝ていなかった人。「おはよう」は、既に充分に眠った人。
 「ハイル・ヒットラー!」は、まだ目が覚めていない人。

 本書には、この種のジョークがてんこ盛りである。
 どんな独裁者も戦争も、それを完全に封じることは不可能。何しろ、あの北朝鮮で聞いたという、金正日をおちょくったジョークまで収録されている。
 人は、どんなに息苦しい生活をおくっていようと、笑うことをやめられない。いや、それだからこそ、笑い飛ばしてしまうことが必要となるのだろう。


 スターリン時代の旧ソ連のものもいくつか載っているが、だいたいは私もリアルタイムの記憶のある時代のものである。
 イラク。パレスチナ。アフガニスタン。旧ユーゴ。
 ただし、イラクと言っても湾岸戦争後のフセイン政権下のもので、さすがにイラク戦争後のものはない。が、自衛隊を派遣している今、日本をネタにしたジョークがもし生まれているとしたら、ぜひ聞いてみたいものだ。怖い気もするが。

 数々のジョークを読んでいると、そのジョークを発する国や民族の性格や、登場する国への見方や力関係などが垣間見える。
 パレスチナでは、パレスチナ人を押さえつけようとするイスラエルのやり方の愚かさを笑い敵対意識むき出しなのに、イスラエルではユダヤ人はアラブ人を見下した形で笑う。パレスチナ人がイスラエルを敵とみなしているのに、イスラエル側は対等な敵とは見ていないということだろう。

 日本が登場するものも三話ほど収録されている。それによると、やはり日本人は勤勉で勉強熱心、正確さを求めると思われているらしい。
 笑い飛ばす対象として登場するのでない点が少々残念なのだが、これは著者の自主規制か、それとも、日本人である著者に、日本をネタにしたジョークを教えるのを世界中の人が遠慮したためか。


 本書を読んでいて、二冊の本をしきりに思い出していた。
 一冊は、日本発の困難の中の笑いとして、藤尾潔氏の『大震災名言録』(光文社・知恵の森文庫)である。阪神・淡路大震災をネタに、笑いを誘いながら人のたくましさを謳い、同時に、日本のさまざまな問題点を提起してもいる。大地震にみまわれたときのさまざまな知恵が得られるので、お勧めである。

 もう一冊は、私の好きな漫画家・獣木野生氏の半自伝作品である『青また青』(新書館・ウィングス文庫)。著者はずいぶんと大変な半生を過ごされたらしいが、この本に、こういう台詞がある。
 「自殺するか笑い飛ばすかない状況に追い込まれりゃ、タマナシでもない限り誰でも笑いとばすほうを選ぶわよ!」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世界の紛争地ジョーク集

紙の本世界の紛争地ジョーク集

2004/04/20 22:56

なじみの薄い国々のジョーク集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:APRICOT - この投稿者のレビュー一覧を見る

中近東、旧ソ連・東欧、アジアの各国のジョークを集めたもの。必ずしも紛争地とは限らないし、紛争ネタや政治ネタはそれほど多くないので、タイトルから期待していたのとはちょっと違う。まあ、あまりなじみのない国々のジョーク集と思えば、それなりに楽しめる。

気に入ったのを1つ、かいつまんで紹介する。レバノンのジョーク。なお“アブ・アベド”とは、アラブ系ジョークの定番キャラクターとの事。
***
朝の5時、ホテルのフロントに、宿泊客のアブ・アベドから電話がかかってくる。
「ホテルのバーは何時に開店するの?」「午後2時です」「じゃ、待ってるよ」
だがその後、アブ・アベドから何度も何度も、バーはいつになったら開店するのかと、催促の電話がかかってくる。フロントが音を上げて
「もう勘弁して下さい。ご希望のお飲み物を、お部屋にお持ちしますから」
「いやいや、そうじゃないんだ。昨晩酔いつぶれて、バーに閉じ込められてしまったんで、開店するのを待ってるんだよ」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示