サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(0119-21)

[ポイントあり]2018年冬 映像化キャンペーン(~1/25)

電子書籍

ユーモアのレッスン みんなのレビュー

  • 外山滋比古 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ユーモアのレッスン

紙の本ユーモアのレッスン

2004/01/13 00:41

笑いを知的に楽しむ1冊

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木の葉燃朗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 笑いについて対話形式で考察する「Iユーモア問答」と、具体的なユーモアの例を紹介する「IIユーモアさまざま」の二章からなる本。人によっては、具体例の多いIIを先に読んだ方が面白いかもしれない。ただし、Iにも笑いを分析するヒントがたくさんあるので、敬遠せずに読んだ方がいいことは間違いない。
 IもIIも面白いユーモアの例がいっぱい出てくる。特にIIは、バーナード・ショウ、内田百けん(「けん」は門の中に月)、落語、連句などから、一般の人々のエピソードまで、色々なユーモアの例が挙がっている。これらの例も、ただ面白いだけでなく、「面白いとはどういうことか」について色々と発見ができる。
 ……などと紹介ばかりしていてもあまりこの本の面白さが伝わらないかもしれないので、最後にこの本の中から個人的に好きなユーモアをひとつ紹介。
 長崎にある「佐世保」の読み方は「サセホ」と「サセボ」のどちらが正しいのかという質問に、地元の人が答えて「サセボですけれども、サセホという人もいます。どちらだっていいんです。ホボ同じですから……」(p.179)。
 もし上のユーモアがつまらなかったら、それは決して本が悪いのではなく、このユーモアを面白がる俺が悪いので、本は是非読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する