サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全商品20%OFFクーポン(1215-17)

修正:全商品20%OFFクーポン(1215-17)

電子書籍

物語 数学の歴史 正しさへの挑戦 みんなのレビュー

  • 加藤文元 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

物語数学の歴史 正しさへの挑戦

理学部初年生必読の書

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GTO - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本の後半に出てくる数学の理論は、私の数学的素養ではほとんど理解できなかったが、「はじめに」で著者の述べている文化史・文明史的な視点で、数学の大きな流れを知るという試みには参加できたと思う。思想的な側面の掘り下げはやや物足りなくも感じられたが、このような専門分野の歴史を記述することは、専門分野が理解できていて初めてできることであり、歴史家であればよりよく書けるわけではない。
 
 ところどころで、リニアな東洋数学に言及しながら、西洋数学における深層的推移を「計算すること」と「見ること」という二つの側面の相克や統合として丁寧に説明してくれている。特にこれから数学に挑もうとする人にとっては、他の分野同様多岐にわたり細分化された理論にいきなり取り付くのではなく、数学という宇宙の中でその理論や自分の位置を知ることができる。また、興味を持った分野に関しては、推薦図書を示してくれているので参考になる。
 
 そして、何よりも能力の如何にかかわらず数学を楽しむ精神や歓びを感じさせてくれるところが素晴らしい。それはまた、数学に限るものではなく、すべての分野に共通する学問する楽しみである。さらに、数学者を目指す日本の若者は、関孝和、建部賢弘、高木貞治、小平邦彦、谷山豊、志村五郎といった名前に出会い勇気づけられるだろう。
 
 量子力学においてリーマン予想が大きな鍵を握っているのではないかと考えられている現在、数学科に限らず理学部の初年生には必読の書であり、数学好きの早熟な中高生にも勧めたい本である。
 
 ※「ユークリッド原論」を傍らに置いて読むといいでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示