サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

黄金郷伝説 スペインとイギリスの探険帝国主義

ベネズエラ東部をめぐる探検帝国主義を通観できる。自信をもって友人知人に奨められる書といってよいでしょう。

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る

 まず、読了直後の感想から申し上げます。
 いやぁ面白かった。こんなに知的興奮を味わわせてくれる書物に最後に出逢ったのはいつのことでしょう。一気に読み通しました。

 著者は美術史家・歴史研究者。鉄鋼メーカーに勤める夫の異動に伴って南米ベネズエラに一時移り住んだことをきっかけに、歴史上かの地のオリノコ川周辺が欧米列強の帝国主義にいかに翻弄されてきたかについて関心を持ち、それを本書に結実させたということです。膨大な資料にあたると同時に、実際に現地に足を運んでいることの強みが見せる、なかなかの力作といってよい書です。

 タイトルにあるようにベネズエラの当該地域はまず黄金伝説に引き寄せられた大航海時代の征服者たちに簒奪され、その後も真珠やランの花、ダイヤや鉄鉱石の利権をめぐっておよそ500年にもわたって蹂躙されていきます。その様子を本書は大変丁寧につまびらかにしていきます。

 かといって本書には硬質な歴史学術書の趣は一切ありません。
 エリザベス1世の肖像画、デフォーの「ロビンソン・クルーソー」やドイルの「失われた世界」といった小説、さらには映画「パピヨン」など、一般読者に卑近な例を引きながら、それぞれの作品の中にベネズエラと帝国主義の関係がどう込められているのかを分かりやすく解き明かしていくのです。
 無邪気に読んだり見たりしてやり過ごしていたそうした作品の数々が、はからずも帝国主義の一端を今に伝えるものであったり、もしくはもっと積極的に欧米の帝国主義の道具として使われていたりしていた跡を本書で教えられ、<知る>という行為が与えてくれる気分の高まりを幾度もおぼえました。
 あたかも上質のミステリー小説を読むような興奮に近いものを感じます。

 と同時に、素朴でもてなしの精神にあふれていたことがあだとなり、結果的に隷従の生活を強いられることとなった南米先住民族の哀しみにも改めて思いをはせました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示