サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

4日間限定バージョン 11月度:全品ポイント最大50倍(~11/26)

電子書籍

贈与の歴史学 儀礼と経済のあいだ みんなのレビュー

  • 桜井英治 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

贈与の歴史学 儀礼と経済のあいだ

for you

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:想井兼人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は中世日本を舞台とした贈与論である。贈るという単純な行為にも時代的な決まりごとが厳然と存在する。中世日本の贈与について考える際、重要な点は現代日本の感覚で臨まないことだろう。史料に書かれたことを素直に受け入れる生真面目さ、さらには行間に潜む時代性を読み解く知識と柔軟な感性が不可欠だ。

 例えば「八朔の進物」。これは8月1日に、日ごろ付き合いのある者同士で贈り物をする行事で、京都では13世紀末頃に普及したという。1日つまり「朔」に贈るという意味の名称にも関わらず、身分や立場の差により贈る時期に大きな差が生まれる場合があるようだ。1日までに贈られても、立場が違い過ぎると極端な場合には2年分をまとめてお返しという事例もあるとのこと。これなんか現代の感覚ではとても考えられない。もう返さなくてもいいのではとも思うが、それは当時の感覚では許されない行為だという。どんなに遅くともお返しをすることが大切ということだ。

 また、Aからもらった贈り物をBに横流しするもあり、Aからもらったものをお返しとしてAに贈ることもあるという。いよいよ現代の感覚では理解しにくい。しかし、こんなことすら当時の感覚として許容されることだったとのこと。

 中世日本では贈与という行為が経済活動と明確にリンクしながら繰り広げられていたともいう。室町時代には人びとに対する贈与が税に転化する場合もあったというのだ。

 将軍私宅などの移転費用を大名たちに自主的に出費させる行為が、当初は贈与という形で行われていたが、これがやがて厳然とした税という形になったそうだ。また、「トブラヒ」という親族や同僚など親しい者の間で行われていた相互扶助的行為も税収とされるようになったとのこと。さらに「タテマツリモノ」という行為がある。これは一種の客人歓待儀礼で、中央から派遣された国司や地頭、代官などを、任地先の人々が宴会などでもてなすことである。これも歓待のはずが、負担化が義務付けられるようになり、やがては銭納化つまり納税という形になったという。

 上記の事例のように贈与を税収として転化するところにも中世という時代性が見て取れる。現代の感覚ではなかなか理解しづらいところである。

 現代でも歳暮や中元、それからクリスマスやバレンタイン、ホワイトデーなど様々な贈与行為がある。バレンタインやホワイトデーは完全に商業主導で、クリスマスは宗教発信が形骸化したもの。これらは現代日本の独特な贈与行為で、中世日本人からはとても理解に苦しむ行為だろう。本書の随所に紹介されている中世の贈与行為も現代の感覚では理解しづらいものが多い。この時代を超えたところにある理解の難しさをきちんと意識することが、歴史を探究する上で欠かせない。ただ、文書に書かれている文字の意味だけを追究することが歴史学ではないことを、本書は贈与を媒体として切々と教えてくれる。一読をお薦めしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示