サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

修正:全商品20%OFFクーポン(1123-26)

電子書籍

処女懐胎 描かれた「奇跡」と「聖家族」 みんなのレビュー

  • 岡田温司 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

処女懐胎 描かれた「奇跡」と「聖家族」

聖母マリアを中心にして、その家族像の変遷を絵画図版を多用して探求

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブルース - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の岡田温司氏は、ルネサンス期のイタリア絵画について多くの注目すべき著作を発表している気鋭の美術史家である。中公新書にも『マグダラのマリア』という著作があり、絵画に描かれてきたイメージの変遷を通じて、娼婦から改心した聖女という聖書に記された枠には納まりきれないマグダラのマリアの多義的な姿を明らかにしている。
本書は、聖母マリア(上述のマリアとは別人)を中心に、夫のヨセフ、母のアンナについて論じられている。冒頭では、マリアの処女懐胎の宗教上の教義が比較的詳しく触れられており、多少煩瑣な感じを与えるが、それを読み進めていけば、マリアの処女懐胎を巡る豊穣な絵画世界が展開されている。ここで興味深いのは、処女懐胎という人知を超えた出来事に誰もが抱く疑問、例えば、マリアはどのようにして神の子イエスを宿したのかということに絵画を具体的に辿ることで答えを探ろうとしていることである。著者が掲げている絵画図版から見て取れることは、当初は驚くことに、マリアはその耳を通じて神の子を懐胎したという情景が描かれていることである。これは、旧約聖書に「初めに言葉ありき」という記載があることから分かるように、原初的には神は明確な姿を持たずに耳からその教えが伝えられということが背景にあったものと思われる。しかしながら、時代を経るにつれ、このようなイメージはさすがに不自然と思われるようになり、神の子は光となってマリアの腹に当たり、聖母は懐胎したという情景に改められるようになっていったという。
このような処女懐胎を巡る論考自体、興味深いものがあるが、本書の中で注目すべきは、今まで論じられることの少なかったマリアの夫のヨセフや母のアンナについてそれぞれ章を設けて触れられていることである。
ヨセフについて言えば、中世の民衆劇では哀れな寝取られ亭主として、嘲りの対象となっていたが、ルネサンス期ともなれば、聖母マリアとイエスを外界の悪から守る堂々とした男として描かれるようになっていったことが多くの絵画図版を用いて論じられている。
このように言えば、著者は美術史の定法であるイコノグラフィ的な手法のみでヨセフ像の変遷を辿っているように思われてしまうかもしれないが、ここで強調したいのは、著者は最近目覚しい成果を挙げている社会史的な知見も取り入れて記述を進めていることである。例えば、上述のヨセフ像の変化が何故ルネサンス期のイタリアで生じたのかということについて、当時のイタリアで家族の形態に新しい変化が起こっていたことが背景にあったことを指摘している。中世にあっては、家族は大きな親族共同体を意味していたが、ルネサンス期ともなると時代の要請を受けて、家族が大家族から現代に見られるような核家族に移行していったという。ヨセフ像の変遷は、そのような時代の新しい時代のうねりを如実に反映していたとしている。
本書は、随所にこのような社会史的な知見が盛り込まれていると同時に、キリスト教の信者でないと容易に近づきがたい処女懐胎・無原罪の宿りなどの世界が、著者のシャープな視点・豊かな学識・明晰な文章・的確な図版の使用を以て論じられており、類書を超える素晴らしいキリスト教美術の入門書となっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示