サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

小学館BOOK全品ポイント最大60倍(~9/28)

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

ジャガイモの世界史 歴史を動かした「貧者のパン」

人々を救ってきた「貧者のパン」

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mikimaru - この投稿者のレビュー一覧を見る

凶作、飢饉、あるいは恐慌や戦争などの非常時に、人々をしばしば飢えから救う役割を果たしてきたジャガイモに焦点をあてる。

前半では中東欧を含めたヨーロッパでの歴史や、発祥の地である南米(合わせてアンデス文明をほろぼしたスペインの話題)などが多めに描かれ、後半では日本での事情やさまざまな逸話が多めとなっているが、最初からぐいぐいと読ませる展開だ。

第一章の冒頭では栃木県の足尾銅山で発生した広範囲な公害と北海道の開拓民(常呂郡佐呂間町には字栃木がある)の関係、そして後半の章では政府公許の女性医師第一号である荻野吟子もまた、後年は開拓に関係していたことなどがつづられる。

いまでこそジャガイモ料理が当たり前のようになっているヨーロッパの国々(イギリス、ドイツ、ロシアほか、ほとんどの地域)において、ジャガイモが歩んだ道のりはけして平坦なものではなかった。

形状や見た目の悪さ、迷信などにより、人々はジャガイモを口にしなかった。やせ細った土地でも安定して育つ植物として各国の政府側はジャガイモを奨励したが、たび重なる命令や説得で、ようやく栽培がなされるようになったと聞く。それ以外に食べ物の選択肢がないという状況(戦争や作物の不作、経済的な問題も含め)が、人々の背中を強く押したことも事実だろう。

P.84に記載されたフランスの「奇策」が事実であるならば(昼間は厳重に警護し、夜は好奇心にかられた野次馬たちに盗ませて食べさせ、クチコミをひろげさせた)とても興味深い。

それが序章によれば、1991年のロシアのクーデター未遂とその年のジャガイモ豊作に関連があるとする説があるまでに、人々に愛される食べものとなったのだ。

痩せた土地でも手間がかからず育てられる植物だが、その半面、一度でも病気が出たら広まりやすい。この本では日本での品種や種芋の管理と流通についても記載され(P.160前後)ており、じゃがいも情報のハンドブックとしてもじゅうぶん役立つものと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示