サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

9月度:コミック ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

日露戦争史 20世紀最初の大国間戦争 みんなのレビュー

  • 横手慎二 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

日露戦争史 20世紀最初の大国間戦争

気鋭の外交史家によって解明された日露戦争の全体像!

14人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブルース - この投稿者のレビュー一覧を見る

今年、2005年は日露戦争が戦われて百年の節目の年にあたる。そのため、関連の出版物も多数刊行されるのではないかと思っていたが、意外と出版状況は低調のようである。それは、この戦争を巡る評価、つまり日本という国家の存亡を賭けた戦争であったとする解釈と、韓半島と満州を巡る帝国主義国家間の戦争であったという解釈が鋭く対立しているためと思われる。加えて、現在の韓国や中国との厳しい国際関係も影響しているのであろう。
本書は、このような状況の中で、客観的に開戦に至る経緯、戦争の推移、戦後処理が記述され、この戦争の後世に及ぼした影響が論じられている。
このうち、評者にとってとりわけ興味深かったのは、開戦へいたる日露両国の国内情勢の分析と終章で論じられている日露戦争の歴史的意義である。
開戦に至る過程は、比較的詳しく取り上げられており、本書の中心をなしている。それによると、通説とは異なる開戦の過程が浮かび上って来る。
通説では、ロシアの活発で強固な南下政策によって、やがては韓半島までもがその影響下に置かれることを恐れた日本が挙国一致のもとにロシアに宣戦布告したことになっている。
しかし、ロシアは一貫した政策のもとに満洲に進出したわけではないことが本書で指摘されている。事実、ロシア側の行動は、現地軍や満洲に利権を有する政治家・企業家たちによって積み上げられた行動に過ぎず、何ら強固な政策に基づいて進められたものではなかったという。時の蔵相のウイッテ(後にポーツマス講和会議でロシア全権)などは露骨な利権目当ての行動は日本を刺激するので、こうした動きに始終批判的で、時のロシア宮廷・政府内部では満洲進出を巡って激しい政争が繰り広げられたという。
一方、日本側にも、同じようにロシアと事を構えることについて、様々な意見があり、伊藤博文などは最後の最後までロシアとの提携を模索しており、水面下で行動していたという。また、最大の開戦派と目されていた山県有朋が、開戦を決意したのもそれほど早い時期ではなかったと言われている。
このように見てくると、日露双方とも、様々な思惑が渦巻いており戦争に至る過程は一義的ではなかったことが分かる。また、全般的にロシアは新興国日本の出方を楽観視しており、日本はロシアの行動に過剰反応したという面もあることも指摘されている。
終章『近い未来遠い未来』では、日露戦争が現代までも両国に影響を及ぼしていることが論じられている。
著者は日露戦争の敗北はロシア人の人々の心に長く残り続け、それは1922年のシベリア出兵、張鼓峰事件、ノモンハン事件などの日ソ間の軍的な緊張によって絶えず憶い起され続けたという。
1945年8月のアジア・太平洋戦争終結直前になって、スターリンが日本に宣戦布告したのも日露戦争敗北の恥辱を雪ぎ、失われた領土を回復する狙いがあっためであり、その結果として、戦後に北方領土問題という重い課題が生じたと著者は論じている。著者は、このようなことから、日露戦争は過ぎ去った過去の出来事ではなくて、その影響は今なお両国に遠い影を落としていると指摘している。
本書は、司馬遼太郎『坂の上の雲』のように上昇期にあった若き近代国家の熱いうねりを描くのでなくて、戦争いたる複雑な動きや百年前のこの戦争が現代にまでも残している負の遺産を明瞭に指摘している点で、歴史の重さを考えさせる優れた近代史の本となっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日露戦争史 20世紀最初の大国間戦争

新書判という小著の中で全体的な把握をしていることに感心

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日露戦争の全体像と世界政治との関わりが、要領よく簡潔にまとめられている。19世紀から20世紀への転換期の列強諸国の植民地戦争、日本とロシアの世界政治での位置付け、戦争における地理学の重要性と日露の満州と韓国の地図作製、極東の地政学、といった政治と軍事の環境と背景から初めて、開戦、各会戦における戦闘と関連する両国の国情、日露双方の認識の差、陸海戦の関連、講和と世界史への影響、までが述べられる。これまで読んだ日露戦争史は、各陸会戦と日本海海戦を頂点とする各海戦における戦闘と、日露の政治状況の比較が、ほとんどであった。新書判という小著の中でこれほど全体的な把握をしていることに、感心する。前人の研究を咀嚼し、俯瞰的な視点を有している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日露戦争史 20世紀最初の大国間戦争

日本の過去を暴く

14人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:良泉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日露戦争に対する見方は大きく二つに分かれている。
ロシアの勢力が中国北部を越え朝鮮半島まで延びてこようとしている。このままでは、いずれ日本まで・・・という危惧から発生した自存自衛戦争という考え方。
もう一つは、満洲や朝鮮の支配権を争うロシアと日本という帝国主義国どうしの覇権争いという考え方。
しかし、歴史の流れや、その時々の日本のひとつひとつの行動を見ていると、どう考えても後者であったとしか考えられない。
前者のような日本擁護の“ずるい”考え方が、それでもある程度の支持を得ていることは、日本の戦争責任を考えるうえで大いに“邪魔”になっている。
日本が第二次世界大戦敗戦後も、あいかわらず無反省な顔つきで、いつのまにか再軍備し、アジアの国々に背を向ける政策をとりつづける。この悪習を打破するためには、過去の日本が“間違った”戦争を起こしたその思想を、一刻も早く明確にし、再認識しておく必要がある。
あの時代、ロシアも欧米諸国も、皆が中国・朝鮮の大地に利権を求めて殺到していた。侵略者どうしが醜い争いを繰り広げていた。
日本による他国出兵も、義和団闘争、日露戦争、第一次世界大戦とつづく戦争も、日本が資本主義列強による中国分割競争に遅れまいとして積極的に加わっていったものでしかない。開国後急速な資本主義化をあせった日本が他国に搾取の道を求めていった結果でしかない。
それは日清戦争の始まりを見ればよくわかる。琉球・台湾を“ものにした”日本が、その次に朝鮮侵略に眼を向けたことに起因する戦争であった。農民反乱鎮圧に名を借りて、かねてより準備していた出兵を行った。
戦争後の朝鮮独立もかたちだけのもの。実質的には日本へ従属させてしまった。
最初から最後まで「アジアの盟主」「アジア開放の旗手」をきどる日本が、アジア諸国を他の侵略国家から真に救い出し開放の手助けをすることなどいっさいなかった。
日本は、日露戦争により大きな利権を手にし、大陸進出の大きな足がかりをつかむことになる。しかし、いかに有効な国際的手続きに基づいたものであったとしても、侵略犯罪者たちが寄り集まって一方的に決めた利権や領土割譲は、それはやはり「搾取」と呼ぶのがふさわしい。
どんな国にも、どんな手続きを経てでも、他国の国土さらには他国の人民の命まで自由にできる権利など絶対に許されるものではない。
ここはやはり、謙虚な眼で過去の日本の行為見直す必要があるのではないか。
日本の過去の行為に冒頭の前者のような“驕った”見方を与えることは、日本の将来にとっても大いに不幸なことなのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示