サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

OP (最大)20%OFFクーポン(~1/25)

[ポイントあり]2018年冬 映像化キャンペーン(~1/25)

電子書籍

経済大国インドネシア 21世紀の成長条件 みんなのレビュー

  • 佐藤百合 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

経済大国インドネシア 21世紀の成長条件

多様性と寛容性に富んだインドネシアという国の在り方

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くにたち蟄居日記 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 会社の先輩から借りて読んだ。冒頭から引き込まれてしまい、一気に読了した。本書は色々な読み方が出来る本である。また実に「新書らしい新書」とも言える。以下三点の読み方が出来る。

 一点目。「アラブの春」が中東で勃発した現在に本書を読む価値は大きい。インドネシアはイスラム教国として世界最大である。従来、独裁者の元で開発が進められてきたという点ではインドネシアと中東諸国は似ている。しかるに、インドネシアの大きな違いは民主主義への転換において先行したという点にある。
現在中東では独裁者の退陣と、その後の混乱が見られている。その中で、インドネシアの成功事例は非常に彼らにとって参考になるはずだ。その意味では本書はイスラム若しくは中東に関与する方にとって大変示唆に富む一冊となるはずだ。

 二点目。僕は「新書らしい新書」と冒頭で言った。

 僕の考える「あるべき新書」とは、「その時代のその局面できらりと光る分析や洞察を持った本」である。一定の賞味期間の間は、実に美味しく消費出来る一方、賞味期限が過ぎると、その役割を果たすという意味だ。本書を貸してくれた先輩も、まさに今この瞬間に読むべしと言われたが、まさにその通りであった。また役割を果たした後でも、「その時代の証人」という形で長く残る新書もある。本書もそんな一冊になる予感がする。

 本書はスハルト以降のインドネシアを活写している。インドネシアに関して不勉強であった僕には大変勉強になった。特にスハルト以降に、どうやって多様性を抱え込みながらここまで来ることが出来たのかという点が実にすっきりと書かれている。現在のインドネシアを理解したい方には非常に参考になる一冊となるはずだ。

 三点目。インドネシアと他の東南アジア諸国との比較という面でも本書は読みごたえがある。例えばタイとインドネシアとの相似点と相違点等も本書で見えてくる。

仮に東南アジアで事業を展開しようと考えている人がいるとしたら、本書を通じて、どのような投資ポートフォリオを組むべきかという事を考えることが出来よう。
それは必ずしも「インドネシアこそが投資先としてベストだ」という話ではない。例えばインドネシアを核とするなら、タイ、ベトナム、おそらくこれからはミャンマーをどのような衛星国的に起用するのかという戦略である。若しくは、ベトナムを核としたい人が、市場としてインドネシアをどう位置付けるかという話も十分あり得る。

 本書は日本で売れて行くと聞く。インドネシアへの注目度が日本で上がって来ていることの証左であろう。多様性と寛容性に富んだインドネシアという国の在り方は日本として再度勉強するに値するということが僕の最後の読後感である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する