サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

4日間限定バージョン 11月度:全品ポイント最大50倍(~11/26)

電子書籍

東京ひとり散歩 みんなのレビュー

  • 池内紀 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

東京ひとり散歩

紙の本東京ひとり散歩

2011/08/28 21:27

自分なりの東京発見を促す書

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 タイトルの通り著者が東京を一人で散歩した際の記録である。中央公論と東京人に連載した際の20編以上を集大成して新書としたものである。当初あまり期待していなかったのだが、都内の自分の知っている場所が登場するので引き込まれてしまった。

 都内のどこに行くかは著者の選択だが、大きく4つに区切っている。「見知らぬ東京」、「お江戸今昔」、「密かな楽しみ」、「よそ者たちの都」の4つである。どういう区切り方にしてもそれなりの場所を提供してくれるのが、東京と言う世界に冠たる大都市である。

 「見知らぬ東京」では、日本橋兜町の東証や墨東奇譚の向島などに赴く。かと思うと周辺に森ビルの貸しビルが林立する愛宕山に行く。「お江戸今昔」では、吉原や忠臣蔵の現場である本所松坂町、さらに珍しいところでは人形や花火の問屋が並ぶ浅草橋を訪れている。

「密かな楽しみ」での訪問地は、八重洲の地下街、東京こんぴら詣ということで虎ノ門の琴平宮や朝倉家が所有する代官山のヒルサイドテラスである。この辺りの選択はなかなか飽きさせない。八重洲の地下街は日本有数の地下商店街であって、物販だけでなく、喫茶店や和洋レストランなど歩いているだけで飽きないところだ。一方で、代官山は趣がガラッと変わる。ヒルサイドテラスは槇文彦が長期にわたって設計した低層共同住宅ビルで、もともと所有していた土地を売却するのではなく、賃貸ビルのオーナーとして現在も所有し続けている。そのせいか、街並みに一貫性があり人々を引き付ける何かがある街だ。オーナーが街づくりを自ら行っているようなものである。

 「よそ者たちの都」は鬼子母神、シオサイト、巨大な真空と題して皇居東御苑を訪れている。それぞれの括りの意味に説明があるわけではない。したがって、読者が勝手に想像することができるのだが、こういう仕掛けも面白い。普通は東京を下町、山の手、ターミナル、臨海地域などの地理的な区域で分けたがるのだが、括りのタイトルとそこに含まれる場所との関係を読者に考えさせるのである。

 東京の散歩は歴史、景観、文学作品、寺社、再開発で誕生した新名所など、訪れる場所はその括り方によっては何通りもある。そうした散歩の楽しみの一例を示してくれているのが本書ではないか。この本の読後に同じ場所をなぞってみるのもよいが、自分なりの東京発見を促してくれるところに本書の価値があると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

東京ひとり散歩

紙の本東京ひとり散歩

2009/12/30 16:45

もうすこしテーマをえらんだほうがよかったのでは?

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は「エッセイスト」と紹介されているが,これはエッセイというよりは随筆だ.散歩して見たもの聞いたものを思ったまま書いている.著者の専攻はドイツ文学ということだが,ここにはドイツ文学の話は登場しない.それでも本や日本文学の話になると著者の知識がいきてくる.その一方で政治や経済の話になるといささか首をかしげたくなる.もうすこしテーマをえらんだほうがよかったのではないかとおもえる.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示