サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全品ポイント最大50倍(0901-30)

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

新自由主義の復権 日本経済はなぜ停滞しているのか

「新自由主義」経済思想の本来の考え方を知る!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:セーヌ右岸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

経済格差の拡大は、「市場競争の行きすぎ」によるものとして批判されることの多い「新自由主義の経済思想」の本来の考え方を、金融規制のあり方、福祉制度の効率化、環境対策等具体的な政策等ごとに、日本における伝統的な「反市場主義」思想と対比しつつ、明快に解説してくれる。また、所得格差拡大の真相を高齢化、年功賃金及び自由貿易の観点から分析し、規制緩和への誤解を労働法制、事業参入規制等を例に解いている。さらに、年金制度や医療保険制度等の社会保障改革、雇用格差等の労働市場改革、規制緩和による農業を含めた新しい産業・サービスの育成について、新自由主義の考え方から対応策を提示している。本書は、「週刊ダイヤモンド」2011年の「ベスト経済書」第2位に評価されたものであるが、経済構造改革や規制緩和の動きが大きな壁に跳ね返されそうな現時点においてこそ、改めて参考とすべき内容である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新自由主義の復権 日本経済はなぜ停滞しているのか

新自由主義は民営化ビジネスをもてはやすわけではない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タヌ様 - この投稿者のレビュー一覧を見る

構造改革の旗を振った方で、規制緩和一直線路線は変わらない人である。それで済んだ時代が終わってもまだである。
郵政を分社民営化しても国民生活にどう影響しただろうか、上場による株式売買収入は財政にはプラスなだけでは困る。十分検証すべきと思う。
ただ何でも民営化ですむなら、組織非効率をマスコミに叩かせて世論を形成し民営化し競合企業やコンサルタントの手にゆだねるだけでは、政府の施策としてあまりに安易ではないだろうか。
国民生活のどう影響するかは地味な推定作業であり、マッキンゼー流にプリゼン資料ですますはなしではない。プラスとマイナスは必ずあるのだ。
むしろ民営化された分野に直ちに手を出すのは審議会系経済人の企業あるいあh米国企参入に「道を開く「民営化ビジネス」の露払いをしているだけではないか。
こういう路線はもう終わりにすべきだろう。新自由主義は政府が非効率であり民間の競争による効率性を優れたものとする考えだが。その帰結を振り返るも事も忘れてhなるまい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示