サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:10%OFFクーポン

10%OFFクーポン(0420-22)

電子書籍

パレスチナ―聖地の紛争 みんなのレビュー

  • 船津靖 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

パレスチナ−聖地の紛争

紙の本パレスチナ−聖地の紛争

2011/08/27 09:56

パレスチナ問題を今最も新しい情報まで網羅した好著

6人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る


 著者は共同通信社の記者。エルサレム特派員の経験もあり、長年中東問題の取材を続けて来た人物です。
 古代史から説き起こして今年2011年2月あたりまでのパレスチナ紛争史をカバーしています。
 「イラク戦争やイランとの関係、核拡散防止条約(NPT)に加盟していないイスラエルの核兵器保有問題、紛争の経済的側面などにはほとんど触れられなかった」(257頁)と「あとがき」で著者は率直に記していますが、どうしてなかなか、260頁程度の新書という紙数の制限の中で、実に分かりやすく「聖地の紛争」の争点をまとめていて、その力量には心底から感服しました。

 著者自身が現地に長年身を置き、家族とともに生活した経験があるだけに、資料や文献の引用と抜粋でこしらえた書籍とは大いに異なる事実の厚みが迫ってきます。繁華街で相次ぐ自爆テロの日々の中で、著者は身の危険を感じて食事に出かけるのも思い通りにならなかったり、娘たちを避難させたりすることも一度ならずあるのです。日本人ジャーナリストの仲間にはイスラエル軍の放った銃によって隻眼となった人物もいるとか。そうした紛争地の緊張感が全編にみなぎっているのです。

 2002年春のパレスチナ自治区へのイスラエル軍大侵攻については、詳述した場合、延々と死傷者の数を羅列することになるとして著者は代表的な軍事行動やテロ攻撃に絞って記述したといいます。しかしそれでもこのくだりは死傷事件の連続に気の遠くなるような思いがし、イスラエルの攻撃のあまりの理不尽さ、武力に対してやはり武力で対抗しようとするパレスチナ側への共感めいたものを覚えないではいられません。

 中東問題のこれまでと現在を、今概観するにはこの一冊と思える書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示