サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全品ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

方法序説ほか みんなのレビュー

  • デカルト (著), 野田又夫 (ほか訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

方法序説ほか

紙の本方法序説ほか

2004/02/22 02:23

近代哲学の父に会いに行く

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中堅 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は、彼の哲学を勉強するために読むというよりか、デカルトという「合理的」人間、近代の型ともいえる人間像を知るために読んだ。私に哲学の素養はないので、以下はそのつもりで読んで欲しい。

この本には方法序説含め三つの論文が入っている。
「方法序説」は、プラトンの対話篇と同じくらい読みやすい。内容が、哲学的な思索だけでなく、彼の伝記的なところを含んでいるので、飽きずに読めるのと、なにより難解な用語が出てこないところが良い。
「哲学の原理」は、第一部の人間的認識の原理はおもしろいが、しかし、第二部の物質的事物の原理はいまの科学からみれば明らかな間違いと分かることが書いていて、なんだか悲しくなる。だからといってデカルトの価値が下がるわけでもないのだが。
「世界論」(つまり宇宙論)は、正直にいって、今の私には、読む価値があるのか良く分からなかった。考えているのは分かるのだが、最初から最後まで思弁的で分かりにくい。読んでいる最中に、「なぜデカルトは誤ってしまったのか」と、考えてしまうほど退屈だった。
*付け加えると、最後の読書案内はとても参考になる。
 
デカルトは物質と精神の二元論を打ち立てた。
私という人間は、体が無数の細胞組織の集積でできているのを知っている。つまりそれは一つの「精巧な機械」ともとれる。しかし、その一方で、私は、私の自由意志がそこにあるのを明らかに知っている。(「私は考える、ゆえに私はある」)しかしこの二つのことは両立できない。デカルトは、唯物論、唯心論という安易な解決をさけて、人間の自由を確保するために、物・心の二つを独立させたのだ。
人間を含めた生物すべてを機械的な宇宙の中の構成要素に過ぎないという科学の教える事実の中で、デカルトは異議を唱える。人間の精神は別である、と。それがデカルトの人間観の基礎だろう。我々は自由なのである。
六部から構成されている「方法序説」の第四部に、「神」が出てくる。(合理主義の祖がその根底の根拠を神に求めている! )つまり、彼自身、神学と哲学の癒着から脱し切れていなかったのである。しかしデカルトの神が、中世の怪しげな空気の中のノストラダムスや占星術などと違うのは、それが人間の自由を確保するための手段であるというところである。「神」の三つの存在証明は、彼という一個の人間の自由を保証するためにあった。
「方法序説」が思想の領域における人権宣言といわれるのは正しいのである。

 方法序説の次は「省察 情念論」に行きたいところだが、別にもうデカルトはこれっきりでもいいだろう(多分)。
 デカルトから始まって、フッサールの超越論的現象学にとぶもよし、デカルトのライバル、パスカルにとぶもよし、日本の哲学者なら中村雄二郎にとぶもよし。はたまた自由つながりでエーリッヒ・フロムにとぶもよし。ただ、デカルトを肯定するにしても否定するにしても、近代の哲学は、デカルトの指した方向に向かっている。行った先でまた出会うことだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示