サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

コミックセット30%OFFクーポン 帯バナー&メール用看板作成(~9/24)

電子書籍

ケンカの流儀 修羅場の達人に学べ みんなのレビュー

  • 著:佐藤優
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

ケンカの流儀 修羅場の達人に学べ

続編を!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M マサ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の書物には、いつも、深いものを見ることが出来る、第6章で、創価学会を取り上げ、自身プロテスタントのキリスト教徒でありながら、冷静に分析し、池田氏の私的感を著書等を取り上げ、(検察の国策?との過去の争い等)公明党の平和主義を本物と、答えを出している、これは、学会内部からの発言より、影響力の有る発言である、しかも、他の宗教を信仰している、著者の解釈は、レベルの高さを感じる、これは、他の宗教家も見習うところではないか?
次章でも、池上彰氏と朝日新聞の論争を取りあげている、池上氏の冷静な行動と、著者の冷静な分析は、複雑に見えるメジャー報道より、簡潔にまとめ、より解りやすくなっている、
世界中の修羅場を取り上げ、日本のインテリが、どの様に捉えて居るか、非常によく解る内容になっている、後章で、自身を振り返り、ヘーゲルを取り上げ、「理性の策略」個人は一般理念のための犠牲者となる、これは、私自身も共感出来る解釈だ、著者の深い心を感じる、個人的には、佐藤優、一人の人物として、ますます、興味を持った、また、この著書は、非常に読みやすく、気軽に読める形になっている、続編を期待したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示