サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全品ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

特攻―戦争と日本人 みんなのレビュー

  • 著:栗原俊雄
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

特攻−戦争と日本人

紙の本特攻−戦争と日本人

2016/06/28 18:53

死を見つめる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

特攻とは何か。青春を特攻で散らす戦争。戦後世代からは、事実は知識として分かっても、その新城にはなかなか理解がおよばない。その理解への文章による追体験へ誘ってくれるのが本書であろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

特攻−戦争と日本人

紙の本特攻−戦争と日本人

2015/10/17 23:42

特攻−戦争と日本人(中公新書)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

中公新書らしい、硬派な内容だった。帯に書かれているように、特攻が美学か外道かは評価が分かれるとは思う。純粋な思いで特攻に向かった者もいれば、断ることのできない雰囲気の中で、嫌々ながら行った者もいる。だから、過度に特攻を美化するようなことも、全ての兵が強制されたと断ずることも慎むことなのだと思う。ただ、指揮官の中でも、特攻を統率の外道と評した者がいたことには少し安心した。豊富な資料に基づいて、実証的に記されていくところは、中公新書の強みだと思う。
 作戦初期こそ、特攻が有効に機能していたがため、対策が取られたあとでも同じことを繰り返してしまったのだろう。このあたりでも、本来合理的な集団であるべき軍隊組織が組織としての体をなしていなかったと感じた。
 また、実行する側の人間と命令する側の人間との意識の違いのくだりは興味深い。命令する側は即効に向かっていった人間は皆自らの望んだと言い、命令される側は恨みを述べる手記を残していたりする。読書全般に言えることだが、書いた人間の置かれた立場を考慮することは、物事の実態を知るのに有効だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

特攻−戦争と日本人

紙の本特攻−戦争と日本人

2015/11/23 20:05

決定版

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

特攻について、美化してもダメ。頭ごなしに否定してもダメ。夏休みにたくさんの番組が作られ、戦後70年らしく、特攻がたくさん描かれました。「永遠の0」がもてはやされてはまずい。そんな中、丁寧にまとめられた1冊。これで、きちんと特攻は語ることができるでしょう。振武寮のことも、的確に語られています。あの参謀のありようも。ただ、「月光の夏」に触れられていないのだけがなんとも・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示