サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

講談社コミック ポイント最大50倍キャンペーン(171208)(~12/11)

電子書籍

21世紀の資本 みんなのレビュー

  • トマ・ピケティ(著), 山形浩生(訳), 守岡桜(訳), 森本正史(訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
13 件中 1 件~ 13 件を表示

紙の本

21世紀の資本

紙の本21世紀の資本

2016/02/22 16:40

マットウな経済学の本

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ITオンチのじいさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

私の若かった時は、たぶん資本論の1巻さえ通読しなかったであろう若き自称革命的マルクス主義者たちが行き詰まって、サムエルソンの経済学が一世を風靡しようとしていた頃である.
 そして新古典派?新自由主義?…金融工学たら、米国(米国の新自由主義者)中心の「経済(学)」が今日まで流行している.
 (その昔)経済「学」は多かれ少なかれ『公』の概念を含み、その『正義』の概念を含む『経綸の学』であった.その意味では時代の政治が達成しようとする目標に左右されるイデオロギーを含まざるを得ない(中立を標榜することが、そもそも現状多数派…多数派が実際に人的に多数というよりは多数の権力を支配している人たちの集合…の前提条件を肯定しているのだから).いかにも物理理論のように××工学等と呼んでみてもなんらそのイデオロギーから自由にはなれない.
 社会のきわめて一部分(ではないかもしれないが、だったら尚更悪質な問題ではないだろうか?.古来より…歴史的には圧倒的に永い間…様々な共同体において隣人から利子を取り、抜け駆けて利を得ることは「反共同体的行為」として、戒められていたのだ.なぜ戒められていたかといえば、戒められなければならぬ人たちが居たからに違いないが、現今では戒められもしない.利が正義に逆転したのである.)の人たちの、金を儲けるという投機(ギャンブル)に奉仕するのは経済学だろうか?
 ……と考えてみると、『21世紀の資本』は30~40年忘れられていた?マットウな経済学の本である.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

21世紀の資本

紙の本21世紀の資本

2015/09/25 11:33

21世紀の本

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tyokoya - この投稿者のレビュー一覧を見る

一大ブームを作り出した経済・社会学書です。読み応え満載で、知的好奇心に旺盛な方は時間とお金をかけて読まれたらよろしいかと思います。ただし、現在の政府が行おうとしている経済政策とは相容れないところもあります。その点は注意が必要でしょう。
 r>g
で示される、資本収益率と経済成長率とバランスを証明するために多くの紙面をとっています。読者は何をすべきか考えて深読みすると楽しめます。
 経済学などに詳しくなければ、解説本を利用されてはいかがでしょうか。きっと理解に役立つものと想像します。私は読みませんでしたので、論評は控えます。
 これを読んでから資本論を再読しました。社会に投げかける本の力の観点から、21世紀における資本論と位置づけて評価して然るべき書物だと感想を持ちました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

21世紀の資本

紙の本21世紀の資本

2015/02/13 15:00

商学部経済学部レベル

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:篠山蕪村 - この投稿者のレビュー一覧を見る

世の中の経済活動に即して、解説しているのでわかりやすいと思う。
歴史的背景を考察しているのも実に興味深い。
二次世界大戦以降に唱えられた経済理論を的確に批評し、何故に其の様に考えられたかも的確に解説しているので、読み進むと戦後経済の成り立ちが理解できる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

21世紀の資本

紙の本21世紀の資本

2016/01/21 19:40

評価は特5!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たくみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

700ページの大著。平易な文だが目から鱗の知識の宝庫。人力ビッグデータに圧倒される。経済学の素人でも、腰を据えて読めば、十分に理解・納得させてくれる。マーカー片手に、余白にメモを書き込みつつ、勉強しているという意識をせずに歴史書のような経済書を堪能できた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

21世紀の資本

紙の本21世紀の資本

2015/01/31 19:10

分厚かったけれど・・・

11人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書への評判は様々だが、経済的格差問題を歴史的データを利用して持論を唱えているところはご苦労さま、といったところ。結果として貧困差が拡大したことを解決するために累進課税と資産課税を強化しましょうと、自分なりの解決案も提案しているのだから、実現の可能性云々は別として一応評価できる。また、累進課税の強化のしすぎは高報酬のために頑張る者のインセンティブを阻害することも理解しているようだ。政治問題か制度問題かの議論があるが、悔しかったらルールを変えられる立場になって、理想論を唱えるべき、と99%サイドの私はそう思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

21世紀の資本

紙の本21世紀の資本

2015/11/12 12:29

読み応え

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ほし☆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

話題の本であり、家族が読みたいというので購入しました。翻訳ものなので値段は高めですが、それにみあった読み応えのある内容だったようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

21世紀の資本

電子書籍21世紀の資本

2017/11/28 12:23

発想は面白いです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こぶーふ - この投稿者のレビュー一覧を見る

格差の原因に迫った一冊です。読み応えは十分にあります。もっとも、国際間での課税というのは現実的には難しいので、そのあたりは勘案されるのが現実的な読書かと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

21世紀の資本

紙の本21世紀の資本

2016/07/13 22:46

待望の「グラン・セオリー」

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おらのすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

経済学理論としては、待望の「グラン・セオリー」の登場。
「新自由主義経済」が跋扈する昨今、もうそろそろ取って代わる
経済学があってもいいのにと、切歯する方々もいたことでしょう。
私もその一人でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

21世紀の資本

紙の本21世紀の資本

2015/08/31 00:30

言いたいことは、シンプル。

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:s03e827 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本で伝えたいことは、非常にシンプルであり結論に到達するまでに無駄な構成が多いと感じました。
特に目新しいとも感じず、当たり前のことを伝えているだけで新たな価値が示されているわけではないです。
少なくとも全部を読む必要は全くないですが、持っていても損な本ではないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

21世紀の資本

紙の本21世紀の資本

2015/07/24 17:57

なんとか読み終えた

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まさひろお父さん - この投稿者のレビュー一覧を見る

相当厚く、相当高い本ですが、なんとか時間を掛けて
読むことが出来ました。素人の自分のレベルでは
兎にも角にも「r>g」だけが主題で、それ以上でも、
以下でもないと思いました。
後半に欧州債務危機について書かれていて、タイミング
的にあっていたのでそこはとても興味深く読むことが出来
ました。
余談ですが、リベラシオン紙にコラムを持つピケティ氏は、
フランス社会党に影響を与える人と思われます。今回の
ギリシャ問題ではオランド大統領に助言したかもしれま
せん。著作の主張とオランドさんの行動が合致している
様に思えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

21世紀の資本

紙の本21世紀の資本

2016/01/18 18:23

21世紀の資本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シエル - この投稿者のレビュー一覧を見る

昨年のベストセラー第一位だろう、発行部数は13万部と言われる。(2015年1月現在)
1年前のベストセラーで今更、経済学者でもなければ経済について相応の勉強した訳でもないがどうしてそんなにこんなに分厚い本が売れたのか、分らない。
流行とはそういうものだろう。

読んだ限りでは先ず、訳がウマいと思う。
翻訳書特有の堅苦しく、分り難い日本語になっていなくて読むことが出来る。
そうでなければ到底3日ぐらいで読める本ではないだろうと思う。
読み出した時には1週間ぐらい掛かるのを覚悟したが読み易かったのは訳の良さにも依ると思う。

で、書評と言うにはおこがましいが書くなら非常に分り易い。
図表が豊富で理解し易いのもあるし、著者のピケティは相当に書くのに時間を要したと思うが経済書なんだが学術書に近い。

昨年、よく言われるようになった r>g と言う不等式で説明される式の説明のための1冊とも言えると思うが様々な話題や小説など引用しながら読めることは間違いない。
高校生なら充分、理解可能な範囲で(経済専門用語が頻出するが)読解できると思うのでこれがベストセラーになった遠因でもあろう。

最後に出て来る「世界資本税の導入」などを提起し、中々納得させるものには仕上がっていると思うが個人的には先月読んだ『21世紀の不平等』と甲乙つけがたいと思う。
ピケティの指摘は今更ながらに真新しいものとも言い難く、過去のデータを解読して出て来るものでその労苦は認めるが斬新とも思えない。

フランスでは過去2世紀に亘っての様々なデータが揃っているから所得に税や資本との関係などを解析できるが他国ではそれが難しいだろう。
単純に2世紀と言うが日本で200年前は江戸時代の最中であって、数字は残っていたとしても政治体制が違い過ぎるし、税制も異なるレベルで済まないから参考になり難い。
この点はフランスと言う国、現EUでもイギリス同様にデータが揃っていてその比較を含め分析が容易だ。

アメリカは日本の範たる国のように捉えられ、様々な部分で参考にしているが政治は新しいし奴隷制度など他国にない制度が途中にあって簡単に参考に出来ない。
チョンマゲに刀を差した日本の武士の文化の時代にアメリカでは奴隷制度の名の元、様々な現在では非合法とも言える制度が実在していた。

その点、英仏両国の歴史とデータは揃っているからこその著作であろう。
但し、随所に散見されるが英米のアングロサクソンに対してフランス人たる筆者、ピケティの評は手厳しいから人によっては違和感があるもかもしれないと察する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

21世紀の資本

紙の本21世紀の資本

2015/04/21 06:41

定期的に現れる「あなたが貧しいのは他の人のせいだ教」向の本

5人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やぶけん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ピケティにかぎらず、マクロ系の本を読むときには
マクロモデルとは、
世の中にある無数の変数の中からほとんどを無視し、
(提唱者の都合の良いように動く前提)つくられた方程式であり
株や債権という限られた分野どころか
変数が圧倒的に少ないスポーツの勝敗さえ予想出来ないものである。
という前提を了解する事が必要。

経済学の短い歴史をみても
一つの方程式が提唱され、実社会で上手く働かず新しい方程式が提唱される
という事の繰り返しである。

さて内容についてですが、

「ピケティの主張の矛盾」
で検索するだけで様々な反論が出てきますし
書籍もでていますから、あわせて読まれる事をおすすめします。


彼は自分の提唱するモデルに矛盾する動きについて
いくつも「これは例外」と主張しています。
モデルとは全てを包括するからモデル足るわけですから
これは明らかにおかしな主張なわけです。

ここからわかるのは
ピケティが、結論有りきでモデルを組み立て
更に単純化する為に矛盾する動きを例外認定し
特定の人達へ向けた理屈をつくりあげたといえます。

要するにこれは
ピケティ教
あるいはピケティ r>g教
だといっていいと思います、
彼はこの宗教を布教し、
信者から高額の講演料などという形でお布施を貰い、
「メチャクチャ働く事で!」お金持ちになるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

21世紀の資本

紙の本21世紀の資本

2015/02/17 01:57

お守り本

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TAKE - この投稿者のレビュー一覧を見る

まだレビュー記せるほど読み進めてはいないが、今後読んでいくことが愉しめる予感を感じる本。

根拠はまだあるわけないが、そんな気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

13 件中 1 件~ 13 件を表示