サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

総合【総合+ジャンルCMS】ニコカド2017 第4週目(10/20~10/26)

電子書籍

女の足指と電話機 : 回想の女優たち みんなのレビュー

  • 虫明亜呂無 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

女の足指と電話機 回想の女優たち

豊かな読書

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソネアキラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者といえば、FM東京の「渡辺貞夫マイディアライフ」内のラジオCM「虫明亜呂無ブラバスエッセイ」を思い出す。12chかなんかの映画解説もしていたはず。

ロートレアモンの「手術台の上のこうもり傘とミシンの出会い~」を彷彿とさせるような表題。

実際に作者の書いたものをまとめて読むのは、恥ずかしながら、はじめて。読みながら、震えた。作者の嗜んできた知性や教養、感動などの豊かさのお相伴にあずかって読み進む、う~ん、読書の醍醐味ではなかろうか。

スポーツをテーマにすると、ノンフィクションスタイルの持って回った言い回しや、汗臭い、感動の大安売り的なものが多い中、作者のは、明らかに違う。スポーツを体育、フィジカルなものから美学、時にはエロティックな次元にまで高めている。

短めのフレーズの連なりは、テンポとリズムを生み、吟味された言葉は、直接、頭に飛び込んでくる。アスリートも女優もサラブレッドも作者には美しいしなやかな対象物(オブジェクトあるいはフォルム)として等価なのだろう。走るために生まれてきた。踊るために生まれてきた。演じるために生まれてきた。

昨今、PCで原稿を書くようになってから、分量も、その基本である一文も長くなったような気がする。「センテンスはなるべく短く」と、コピーライター専門学校で習ったのに。

著者の本の装丁は、石岡瑛子が手がけていたそうだ。彼女が、パルコのCMキャラクターに女優を起用する際、ドミニク・サンダを推薦したという逸話が出てくる。そうだったのか。

このような素晴らしいエッセイ集を編纂した編者の高崎俊夫に感謝多々。ぼく的には、今年読んだうちでも上位に入る本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示