サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:10%OFFクーポン

「文庫」ジャンル1,500円以上に使える最大30%OFFクーポン

電子書籍

誤解でございます みんなのレビュー

  • 松永美穂 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

誤解でございます

紙の本誤解でございます

2010/11/05 22:40

ドイツ語圏の文学を久しぶりに手にとってみようという思いが湧いてきた

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る


 ドイツ語圏文学の翻訳者としても知られる著者の初エッセイ集。
 この著者の訳書は『遺失物管理所 』(新潮クレスト・ブックス)しか読んだことがありません。(ベルンハルト シュリンクの『朗読者』は邦訳が出る前に英訳を手にしてしまったので。)
 それほどなじみのあるわけではない著者の本ですが、翻訳を生業(なりわい)としている人のエッセイにハズレはないというのが持論の私としては、手に取らないではいられませんでした。

 本書前半は割と軽めのジャブといった感じのエッセイが並んでいます。
 本書のタイトルにもなっているエッセイ「誤解でございます」は、翻訳者の職業病ともいうべき性癖から発する勘違いについて綴られていて、微苦笑を誘います。
 
 本書の真骨頂はむしろ後半に綴られているドイツ語圏の文学や人々の交流から生まれた著者ならではの味わい深い随想にあります。
 10年来のハンブルクの友人アネグレットと、図らずも過ごすことになった「最後のクリスマス」。
 東西ドイツ統一までは手紙のやりとりがあったものの今は連絡の途絶えてしまった東ベルリンのアンティエと幼い娘ヴィープケとの「ベルリンの壁の思い出」。
 どちらも、人とのつきあいの積み重ねもいついかなる形で終わりを迎えるかは誰にも予想がつかないことを、しっとりと思い起こさせる文章として私は味わいました。

 このところドイツ語圏の文学に手を伸ばす機会がないな、とふと思い、著者の訳書を何か手に取ってみようという気持ちが湧いてきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示