サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

[別パターンA]10月度:コミック ポイント最大50倍(1001-31)

電子書籍

監禁城~冷たく甘い秘密のキス~ みんなのレビュー

  • 牟礼茉莉花, イラスト:Ciel
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

監禁城 冷たく甘い秘密のキス

紙の本監禁城 冷たく甘い秘密のキス

2013/11/12 11:04

愛の檻に囚われて……

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桃色本 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アナベルには、過去がない。川下で倒れているところをみつかったときには、記憶喪失で、どういった過去があったのか、自分でもわからないのです。

いろいろと苦労しますが、モルドラ城の老城主に小間使いとして、可愛がられていたのに、そこの若様に手寵めにされかけたところを逃げ出し、今度は、医者に拾われます。

ところが、この医者も変態的にアナベルに迫ってきます。アナベルの清純さが、そういった男たちを虜にする魅力を放つのでしょうか。

ところが今度は、雪が降り積もる夜、モルドラ城の新しい城主に、さらわれるようにして、連れてこられてしまいます。

男らしい美貌の持ち主である領主は、「雪で城は閉じこめられたよ、君はもう逃げられない」と冷たく微笑みむのですが!?

しんしんと雪が降り積もるなか、古城にはなぜか召使いも一人もおらず、陸の孤島と化した古城に、雪が溶けるまで、領主とアナベルは二人きりで過ごさなければならないのです。

盗みを働いたと思われた記憶喪失の少女が、領主に、罰として雪の古城に囚われ、秘密を吐くようにと、とろとろになるまで、偽りの愛で責めたてられます。

アナベルが可哀想で、どうなるのか没頭して読んでしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

監禁城 冷たく甘い秘密のキス

紙の本監禁城 冷たく甘い秘密のキス

2016/03/05 18:56

水無月さららさんが別名義で書いている作品

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンスの角に薬指 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ボーイズラブ作家として約20年近く活躍しているベテランの水無月さららさんが、初めて別名義、牟礼茉莉花として出した作品です。
というかボーイズラブ以外の初めての乙女系の作品でもあります。
更にはこの作品はハーレクイン・ロマンスの「雪降る夜に」をリメイクした作品と、何とも異例づくめの作品。
だけど流石にベテランだけあって面白く作品を仕立て上げています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

監禁城~冷たく甘い秘密のキス~

電子書籍監禁城~冷たく甘い秘密のキス~

2015/09/11 23:46

ハーレクインぽいと思ったら。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハーレクインぽいな、と思いつつ読みましたら、やっぱりハーレクインを下敷きに、リメイクして書かれたお話でした。

ハーレクインっぽい・・・どのへんかな。
台詞回しと、文体が淡々とした一人称なところ。
ヒロインが自分から、積極的に求めていることを(自分自身に正直に)認めているあたりでしょうか。
強くて、性に対しても自己を持った女性が、ヒロインとして描かれることが多いですもんね。

なかなかに素敵でした。
謎にあふれるヒロインアナベル。
記憶を失っていて、いろいろなところを転々としています。
お世話になっていたドクターに迫られ、診療所にいられなくなり、飛び出したところを、男性にぶつかって怪我をさせてしまいます。
男性は、アナベルが以前仕えていた、今は亡き老伯爵の後継者として、モルドラ城に戻ってきたギリアンでした。

ギリアンの世話をするために、一緒にモルドラ城に戻るアナベル。
吹雪に閉じ込められた二人の、濃密な世界が静かに展開していきます。

二人だけの世界で、会話をし、食事をし、肝試しのようなことをし・・・エロティックな展開になるまで、じっくりと二人の世界が進行します。
アナベルの心の動きと、彼女を通して語られるギリアンの魅力。
優しさの中に垣間見せる、ギリアンの冷たい瞳。
がっつかない大人と、清らかな乙女の恋が、静かに進行していきます。
けれども、実はギリアンは、あることで彼女を疑っていて、彼女に罪を認めさせるために、用いた方法が・・・

エロも濃密ですが、下品さはありません。
タイトルから、痛そうなストーリーを連想しますが、どうしてどうして、シリアスですが、甘やかです。
しっかりと最後まで綴られるストーリーで、読後のお腹いっぱい度は高いです。

ギリアンの、若い執事さんも素敵でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

監禁城~冷たく甘い秘密のキス~

電子書籍監禁城~冷たく甘い秘密のキス~

2014/10/08 23:46

記憶を失ったヒロインが

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

アナベルとスチュワート伯爵は、雪に閉ざされたモルドラの古城に二人きりで過ごすうちにどんどん親密になっていった。だが、時折見せるアナベルを見るスチュワートの冷ややかな眼差しにアナベルを疑っているのが分かる。アナベルは記憶喪失なだけでやましいことなどしていないし、次々と男を誘惑する淫乱な娘でもない。しかし、スチュアートは媚薬を使って罪を告白させようとする----。


ヒロイン・アナベルの魅力に男達が勝手に熱を上げているだけなのに、スチュアートにはアナベルから誘っているのだと頭から信じて酷いことを言われたりされたり…。ヒロインかなり哀れな状況ですが、誤解も溶けてラブラブになるので終わり良ければ総て良しです。

一人称形式の文章とハーレクインが原作ということで、他の乙女系ノベルと少し違う雰囲気でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示