サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

12/1 100万ポイント山分け!必ずもらえるキャンペーン(~1/8)

電子書籍

不埒な求愛~退屈王のお妃選び~ みんなのレビュー

  • 池戸裕子, イラスト:氷堂 れん
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍

不埒な求愛~退屈王のお妃選び~

電子書籍不埒な求愛~退屈王のお妃選び~

2015/11/30 13:25

人物造形が素晴らしかった。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

ライラは、薬草師を家業とする貴族、レノバン家のひとり娘。
銀狼を友として、野山を駆けまわる風変わりな彼女を、人々は狼姫と呼んでいました。
ライラの国ロビリオは、賭博で利益を得ている国家で、父ジャンは無類の賭け事好き。
いつもお金がなく、傾いた状態の家を助けるために、銀狼のアルフとレースに出場し、賞金を稼ぐライラ。
アルフに絶対の信頼を置くライラでしたが、ある日、大金を賭けての勝負で負けてしまいます。
賭けの相手、仮面の男が求めたものは、ライラ自身。
純潔を散らされる前に、ライラは家伝の薬を飲み、行為の全てを忘れようとします。
前向きに家業の使命を邁進しようとするライラの気持ちも知らず、父ジャンは、若き国王シアードとの賭けに負け、家伝の秘薬の処方箋を取られてしまいます。
処方箋を取り戻すため、シアードに近づくことを決意したライラは、折良く開かれたシアードのお妃選びに参加するのでした。

ライラは頭が良くて風変わりな、魅力的なヒロイン。
思考回路が、一般人とちょっと違います。
ですから、読みながら、あ、そこでその薬飲んだらダメなんじゃ・・・とか、それは気にするところが違うんじゃ・・・とか思ってしまうシーンが続出。
でも、それはライラなら、きっとそう考えるでしょう。
彼女ならではの行動で、展開の予測が付きづらく、楽しめます。
ヒーローの国王シアードにかしずかれて、つま先に口づけされ、思わず顎を蹴っ飛ばして逃げるシーンとか、思わずにまにましてしまいました。
ただ、それだけに感情移入がしづらかった部分はあり、それはマイナスポイントかもしれません。

シアードも魅力的なヒーローでした。
傲岸不遜で強運の王の、退屈の裏側にあるもの。
それが薬によって暴かれるシーンで、シアードの人間的魅力をより深く掘り下げています。
とにかく人物造形が素晴らしかったです。
ひとつ不満があるとしたら、エロシーンが謎解き絡みになってしまってトキメキがちょっと控えめだったことでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

不埒な求愛~退屈王のお妃選び~

電子書籍不埒な求愛~退屈王のお妃選び~

2014/07/25 19:30

タイトルに工夫が欲しかった

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

狼レースの賭けに負けて見知らぬ仮面の男と一夜過ごすこととなってしまったライラは、家に代々伝わる薬でその夜の記憶を消してしまう。
 ライラの父も国王シアード相手に賭けで負け、秘伝の秘薬の処方箋を持っていかれてしまった。秘薬を売ることだけが傾いた家を救う手だてだったのに。
 そんな時お城から、シアード王の結婚相手を決める選考会に参加するよう通知が来た。処方箋を取り戻す絶好の好機と選考会へと参加する。そこにシアード王が現れライラに「一度こうして触れてみたかった」とせまってきて。
 ライラにだけ特別な態度のシアード王の本心が分からず戸惑うライラ。また、シアードの言動が一夜を過ごした仮面の男を思い出させて----。

 ヒロイン・ライラは一見遊び人のシアード王にどんどん心が傾いていくのに、シアードから「愛人になれ」等と言われて苦しみます。ライラは運命の悪戯で純潔を失ってしまったけれど、本当は心から愛し愛される人と添い遂げたいと思っているので、愛人という立場を受け入れることが出来ません。

 ライラのどんどんシアードに魅かれていく心や、でも好きになってはいけないと自分の気持ちを押さえようとするその切なさとじれったい感がとても良かったです。
 シアードもチャラ男かと思わせてカッコイイところを見せるなど、ヒロインと一緒になって好きになってしまいそうでした。
 エロシーンや文章全体の表現が綺麗な所も良かったと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示