サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全品ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

溺愛皇帝の花嫁育成計画 みんなのレビュー

  • 白石まと, イラスト:涼河マコト
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

電子書籍

溺愛皇帝の花嫁育成計画

電子書籍溺愛皇帝の花嫁育成計画

2016/09/16 01:14

やっぱり別格。

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

はあ、二度読みしちゃいました。

若い作者様の勢いのあるヒロインも、なんだか照れくさく可愛くて良いのですが、酸いも甘いもかみ分けた大人の先生の書く女の子は、また格別の味わいです。
17歳の無自覚な残酷さと純粋さ、儚い脆さとまぶしいまでの強靱さ。
そんな愛しいヒロインを少し俯瞰的に描かれた文章を読んでいるとどうしても、無自覚な浅はかさを愛おしむ視点や、賢しらな若さへの憧憬を感じるのです。
それと対比するように、大人なヒーローを置くことで、またヒロインの愛しい若さがくっきりと際だっている作品でした。
白石まと先生、やっぱり別格です。

辺境拍だったエリザヴェータの父が命を落とし、次いで母が誅殺された後、彼女を引き取って育ててくれたのは、皇帝アレクセイ。
妹として手元に置いて溺愛しながらも、いずれは世界一幸せな花嫁として嫁ぐようにと言い聞かせられてきた。
年頃になってから、アレクセイが繰り出してくる縁談を、片っ端から断るエリザヴェータは、彼を愛していた。
愛を告げても、夜這いをかけても、頑として受け入れず、妹として溺愛する態度を崩さないアレクセイ。
やがて隣国の王女とアレクセイの縁談が持ち上がり、その交換条件にエリザヴェータにも、隣国の貴族との縁談が。
最後の手段として、エリザヴェータは、媚薬を持ってアレクセイの寝室に向かうのだった。

大人な男性が強靱な理性を吹っ飛ばすのが好物な方に、超お勧め。
本当に男って頭でっかちだなーとか、理屈をこね回すのが好きだなーとか、いろいろ感慨深かったです。
対して、少女から大人になっていくエリザヴェータの、サナギが蝶になる瞬間は感動的でした。
エロも熱くてきゅんきゅんたまらんかったです。
脇を固める面々も、一癖あって素敵な面子ばかりです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示