サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

電子書籍

神様のメモ帳 みんなのレビュー

  • 原作:杉井 光, キャラクターデザイン:岸田 メル, 作画:Tiv
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本神様のメモ帳 1

2012/01/23 21:18

ニートたちの閃光

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 エンジェルフィックス事件が終わり、篠崎彩夏が昏睡状態に陥ってしまって、藤島鳴海はラーメンはなまるのバイト採用試験を受けていた。それは、ニート探偵アリスのもとまでラーメンを持っていくことらしい。

 彩夏を置き去りにしたまま、時は流れていく。鳴海がはなまるで留守番しているときに、タイ人少女メオが、アリスに依頼するためにやってくる。ひもニートのヒロさんから聞いて来たらしい。
 話を聞いてみると、父親の草壁昌也が、旅行鞄をひとつ置いて失踪してしまったとのこと。メオのもとには姿を隠す様に連絡があったらしい。

 その残されたカバンをメオの同意のもとにあけて見ると、中に入っていたのは現金2億円。とてもまともな金とは思えない。鳴海がそう思ったのは、草壁がヤクザとつながりがあることと無縁ではないだろう。
 草壁の捜索とメオの安全を守るという依頼内容で、活動を開始するニート探偵団。果たして彼らはメオのもとに父親を取り戻せるのか?

 原作は、杉井光「神様のメモ帳」。篠崎彩夏と兄の話を省略したのは、かなりの鬱展開だからなのかな?いやまあ、別に良いけど、あれがないと鳴海が四代目に認められるとは、とても思えないんだけどな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神様のメモ帳 2

2015/08/21 14:29

メオと彩夏

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

草壁昌也とメオの2億円事件の途中で、篠崎彩夏とエンジェルフィックス事件の回想が紛れ込んで来た。おそらくこの唐突さは、当初からの構想ではなく、急遽、追加されることになったのだろう。でも、彩夏がかわいいから許す。…ちょっと幼い感じになってはいるのが気になるけれど。

 それはそれとして、メオと彩夏の登場が転倒した構成になったことで、メオは彩夏の代替品であるという印象が強調されてしまった気がする。彩夏で失敗したから、メオでは失敗したくないという…。それは、鳴海が彩夏に対して、トシとの関係で抱いた感情に近いはずだ。
 おそらくメオは、全ての話を聞き終えた後で、その時の鳴海と同様の感情を抱くのではないだろうか。それを表に出すか出さないかは別として。これって、女の子としては屈辱的なんじゃないかな?

 意図的にこういう状況を作りだしたのなら別だが、そうではないとしたら、メオにはむごいことをしてしまった気がする。これでも、助手さん、となついてくれるかな?お父さんの次にお嫁さんになると言ってくれるかな?ちょっと疑問だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示