サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(0820-23)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍

ロマンチストエゴイスト みんなのレビュー

  • 斐火サキア
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本ロマンチストエゴイスト

2002/07/17 23:06

愛がないように見えて、いつも最後に愛を見せられほだされる?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kaede - この投稿者のレビュー一覧を見る

一ヶ月も放っておいて、いきなり車の免許を取ってきたかと思えば、運転する自分に奉仕を要求するミサキ。
かと思えば、温泉に行った先でマトウにコナをかけてきた男に、自分とのセックスを見せてしまったり。
とんでもなくエッチで、セックスすることばかり考えてる?と思えるミサキ。
けれど、時折感じる強い独占欲からミサキの愛情を感じ、マトウもミサキを突き放せない。

酷いところもあるのに、マトウがミサキを憎めないのと同じで、読んでいるこちらも、やっぱりミサキを憎めない。
特に最後の短い三ページほどの二人のやりとりは、短いのにすごくよかった。

他二編収録。とにかくH度の高い一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ロマンチストエゴイスト

2002/05/21 23:07

Hだけれど内容もある…と思う

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イルカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 半年前、真藤は付き合っていた彼女を親友の三崎に半ば強引に別れさせられ、告白され、恋人同士になった。でも三崎が本当に自分を好きなのかがわからない…。

 表紙がキレイだったのでなんとなく購入。そうしたら中はすごくHだったので驚いた。最初三崎の気持ちがはっきりと見えなかったが、最後はとても真藤の事を思っていることがわかって話の内容にも満足出来た。表題作のシリーズはコメディーな部分もあるけれど、同時収録の短編2作のうち1作は本当に同じ人が描いたのか?と思うほど絵柄が違って、内容もシリアスだったの驚いた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ロマンチストエゴイスト

2001/10/11 11:25

ロマンとエゴのブレンドは

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:smile - この投稿者のレビュー一覧を見る

 かなり過激なボーイズラブストーリーだが、なにしろキャラクターが魅力的。一見やんちゃ坊主のような可愛いルックスながら、実はアクマのように傍若無人で強引なミサキ。一見クールビューティと思わせて、実はかなり間抜けで乙女なマトー。表題どおりロマンチストでエゴイストな2人のからみが大変面白い一册。ぜひご一読を!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ロマンチストエゴイスト

2001/07/09 01:33

かわいい恋愛(H激しいけど)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カヤコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本は主に、1998年に松文館から発行された「禁じられた生きがい」というコミックスに収録されていた『ミサキとマトー』シリーズの続編が収録されています。が、それを知らなくても十分わかる話になっています(事実、「禁じられた生きがい」を過去に読んでいたのに、最後の作者の後書きを読むまで気付きませんでした…。それでも、わかりやすい恋愛ものになっています)。
 自己中で非常識なミサキと、そのミサキのせいで以前付き合っていた彼女と別れるはめになったマトーですが、この二人の恋愛が読んでいてとてもかわいいのです。ひどいことをしてても実はマトー一筋(?)なミサキも、何をされても結局ミサキを許しちゃうマトーも。ただ、Hシーンはとても激しい(と思う)ので、ダメな人は気をつけてください(ジュネコミックス・ピアスシリーズですから…)。この手の本では久々に作者に続編を描いて欲しいと思うぐらい、好きなシリーズです。出来れば、前作も読んで欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ロマンチストエゴイスト

2002/07/20 13:20

アクの強いキャラ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アリオス - この投稿者のレビュー一覧を見る

まずは、ピアスシリーズをご存知ない方は御注意を。このシリーズ、描写がかなり過激です。免疫のない方は御覧にならない方が宜しいかと…。
ストーリーですが、大きく分けて3つの話が入っています。最後に入っている“Easy Come,Easy Go”を雑誌で読んで心に残っていたので買ったのですが(かつての先生と生徒が再会する話。キャラもストーリーも優しい感じがして好きです)、初めて読むミサキ&マトー(三崎&真藤)シリーズも面白かったです。キャラが良いです。特に三崎。まー、自分勝手で性格の悪いこと(笑)。でもそれだけではなく、何とも可愛いヤツなのです。2人の高校時代の話が良かったです。
個人的にこの方の絵は好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ロマンチストエゴイスト

2001/11/16 01:23

ケンカしつつもラブラブ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:miyagiaya - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1ヶ月音信不通だった友人兼恋人の三崎が突然帰って来た。真藤は驚きながらも彼を迎えるが…、という内容。ケンカしつつもラブラブ。真藤が三崎に流されているようでいて、もしかしたら三崎の方がずっと相手を好きなのかもしれないと思わされるほど仲良し。思った通りに行動して、何でもやりたい放題している三崎を憎めないのは、結局真藤のことが大好きなのがよく伝わってくるからでしょうか。
 なんだかあちこちHが濃くてオイオイ…と思うものの、登場人物は魅力的。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示