サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1015-18)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍

HAL みんなのレビュー

  • あさりよしとお
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

待望の2巻!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みちあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 イイッ (^▽^)ノ

 主に科学の視点で内容もそれに沿ってはいますが、しかし、ブラックに、ユーモラスに、世の中のちょっとした勘違いと思い違い、矛盾と盲点、これらをよく示してあって楽しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

R15?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:H.N - この投稿者のレビュー一覧を見る

 HALと聞いて、2001年宇宙の旅のコンピュータが思い出されるあなたはSFファンでしょう。最近ではSFやマンガなどのサブカルチャーがもてはやされていますが、ではメインのカルチャーとはつまらないものだったのでしょうか? この本ではサイエンスというカルチャーの魅力をあくまで裏側から語っています。子供にはまんがサイエンスを、大人にはHALをというのが正しい住み分けでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

これも新しい教科書?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バイシクル和尚 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「まんがサイエンス」でお馴染み、あさりよしとおの科学マンガ。なのだが、本書は子供向けのそれとは少し様相を異にする科学マンガ。
 なにしろ注意書きがあり、それには「このマンガには一部真実が含まれている場合があります」とある。つまり中に書いてあることはほとんど嘘ということなのだ。確信犯的なトンデモ本といってもいいだろう。正確な知識を持っていないと笑うことはできないギャグ。とはいっても、中には専門的なネタもあるので、これどこまでウソだ? と首をひねってしまうものもある。そんなときはやっぱりほかのなにかで調べてしまう。そう考えると、やはりためになる科学マンガなのかもしれない。ある意味完全に大人向けのマンガ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

いつもながら

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みちあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 かわいらしい絵柄とは対照的に、中身は痛切に事実を教えてくれる。

 恐らくまんがサイエンスがあったから、HALも出てきたのではないかと思いますが、まんがサイエンスでは科学の光を見せてくれるのに対して、HALでは、その闇とも言える部分を様々な事例と共にわかりやすく、面白く、表現されていると思います。

 とはいえ、中身は簡単でわかりやすく小学校高学年や中学生に読んで欲しいような欲しくないような。まんがサイエンスを読みつつ大きくなった自分としては、HALを読んで大きくなった子供は、……いろいろな意味で楽しみすぎます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本当なのはどこまでか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふぅばぁ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 斜に構えたスタンスで、科学技術をネタにしたパロディを描くのが得意なのが著者のあさり氏なのだが、この本でも同じ期待に応えてくれる。一見、小難しい話を分かりやすく解説するような体裁でありながら、その実は創造された嘘も多く混じっているというのは、同氏の「まんがサイエンス」と似た部分が大きい。

 この本には博士と助手が登場し、一般には難しいものと思われている分野の科学技術について、解説を行ってくれる。ただし、その掛け合いは、それなりに知識がなければ「どこまで信じていいのやら」という難しさもある。それさえ分かれば、より楽しめるのではないだろうか? 実際、著者自身も、そうした嘘を見抜くことを求めている。

 さらには、時事ネタや社会風刺も織り込まれているので、そうした見方に共感できるならば、より面白みが増すだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

学習マンガ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 学研の学習雑誌に、長年サイエンス啓蒙マンガを執筆している著者による、パロディ作品。過激なネタほど現実そのままである点が恐ろしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示