サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1217-20)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 女神さまのいうとおり
  4. 女神さまのいうとおりのレビュー

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

電子書籍

女神さまのいうとおり みんなのレビュー

  • 廣瀬良多(作画)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

一期一会の男女が体を通じて心の深淵を交錯させる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

確認できる限りでは『みさき★センセーション』なる短編集が1994年に発売されて以来の、実に11年振りとなる「廣瀬良多」名義の作品である。画風で分かる人ならスグ分かる「艶々」作品の一環ではあるのだが、今回ナゼに筆名を変えたのであろう?

勝手に推測するならば、週刊連載されたという本作は官能描写がメインではないから、となる。描写はある。毎回ある。毎回違う男とある。ヒロイン【アケミ】と生活を共にする(部屋は違う)年下の男【ウラナリ】は程良い存在感ながら添え物であり、結末までにはもしかしたら……という気はするが、今のところ肉体関係はない模様。それより各話にはそれぞれテーマがあって、それを知らしめる偉人の格言が象徴的に用いられている。これが官能要素よりも前面に出る作風と言える。

そして、そのテーマとはすなわち人の内面に潜む「業」である。分かってはいるけど思わず生じてしまう悪魔の囁きや我儘、抱いてはいけない感情、見下す心、責任転嫁……そういった諸々を抱えた男達がアケミの元に現れては刹那の一夜を過ごすのだが、その最中に「そうじゃないでしょ」という真理をガツンと喰らう流れである。

その意味では哲学的な含蓄が込められた作風とも言えるのだが、だからこそ一撃を喰らいながらも真理に気づかされた結果として、心の不安という穴を埋めてもらったような晴々しさを得て後にする男も少なくない。

官能ありきの物語ではなく、こうした真理を伝えるための官能であるからこそ「艶々」とは違うんですよ、としているように感じるところである。実際のところ、そうした手段としての官能要素なので従前の艶々作品に比べても描写は淡泊である。

心の安寧を得た男と同様にヒロインもまた束の間の安寧を覚えるのか、普段は「眠れない」アケミのその後には安らかな睡眠が訪れる。性欲が満たされたから、としているが、確かに欲を満たすための情交でもあるので、読んでいてもあまり興奮を誘われないのは少々残念でもある。

いやらしさというのは女が感じることで生ずるものなのだなぁ、といった感想も沸くところだが、感じることで性欲が満たされるのであるならば、性欲を満たすために情交を重ねるアケミの感じている素振りが希薄なのは何を意味しているのだろうか?との疑問も沸く。本当に満たされているのだろうか?それはもしかしたら結末までに何らかの形で描かれるのだろうか?そして、その時にはウラナリ君がその大役を引き受けるのだろうか?などと、その後の期待感と共に次巻を待ちたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。