サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

「続刊予約キャンペーン」 (~6/30)

電子書籍

神のみぞ知るセカイ みんなのレビュー

  • 若木 民喜
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー30件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (26件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
30 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本神のみぞ知るセカイ 9

2010/06/27 19:05

支えてくれるもの

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今回の攻略対象は将棋少女榛原七香とパーカッションお嬢様五位堂結の二人です。
 七香は自分に土をつけたディアナに勝つため、桂馬を相手に特訓を重ねる。やたらと強気なんだけれど負けそうになると途端に弱気になってしまう心の脆さが七香にはあるけれど、特訓を経て得られたものが終盤で七香を支えてくれる。
 後半戦は桂馬も駆け魂の影響に巻き込まれて、ちょっと違う視点から攻略戦が見られる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神のみぞ知るセカイ 4

2009/04/19 12:05

願望を映した世界から見る現実

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ボクが高校を卒業して何年も経つが、学校という同じ年代の人間ばかりを集める場所は、ある意味では救いであり、ある意味ではひどく残酷な場所でもある。自分と同じようにドラマの主人公にはなれないような普通の人でも楽しく生きられるのだ、と安心できる場所でもあるし、否応なく比較され序列をつけられて、どうせ自分なんて、と卑下してしまう場所でもある。いずれ社会では、将来は給料とか地位とか色々なものでランク付けされる以上、学校で順位づけをおこなう事が不要だとは全く思わないが、それまでは家庭で唯一の存在みたいに扱われてきた子にとっては、衝撃的な場所かもしれない。そしてそれほどの衝撃もいずれ薄れ、分相応という呪いを刻みつけられていく。
 でも、よくよく考えてみると、自分が幸せかどうかは自分で評価すべきことであって、誰かが決めた幸せの定規で測られるようなものでもない。桂木桂馬という、ぶっ飛んだ尺度を持つ個性に当てられて、普通の小阪ちひろがどう変わったかは読んで見て欲しい。
 リアルを徹底的に否定し、ゲームの世界に生きるといいながら、最も理想的なリアルを示し続ける桂馬の存在の不思議。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神のみぞ知るセカイ 14

2012/01/24 15:52

落し神の腕の冴え

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ヴィンテージにより刺された中川かのんを救うため、既攻略者の中に潜むはずの女神を一気に復活させられるよう、歩美、ちひろ、月夜、栞、結の同時攻略に挑むことになった桂木桂馬の最初のイベントは、5人同時一斉下校だ。
 月夜を送り、ハクアの協力を得て歩美とちひろの並行下校に挑む桂馬だが、京の存在が邪魔で、上手く予定通りの展開に持ち込めない。そのうち、歩美とちひろが鉢合わせしそうになってしまい…。

 桂馬が駆け魂隊のバディとなったのは誰かの意図があってのものだという前提に立ち、女神は桂馬の側にいるという仮定をして始めたハーレム展開だが、かのんとのスキャンダルが発覚した後だけに、女の子たちはみんな怒り気味。そこを上手く切り抜けられるかが、落し神の腕の見せどころではあるのだが…みんな同じ校内にいるからねえ。
 そして新たな悪魔、フィオーレ・ローデリア・ラビニエリの登場。かくして新地獄の秘密が徐々に明らかになっていく。

 今回は色んな女の子が出てくるけれど、やっぱり歩美の嫉妬がいちばん苛烈な気がするな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神のみぞ知るセカイ 13

2011/10/26 22:13

ハーレム・ルートに入ります!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 中川かのんには桂木桂馬との思い出が残っていた!つまりそれは、かのんの中に女神がいるということ。しかしその事実を桂馬が悟った時、もはや彼の策は後手に回っていた。正統悪魔社(ヴィンテージ)の手先の手にかかり、かのんは死んだように眠ってしまったのだ。
 しかも、かのんの中にいた女神アポロが他の女神たちに警告を発したため、女神は外部からの接触に用心するようになるはず。それでは桂馬たちも、他の女神を見つけられない。

 ゲーム感覚で駆け魂を捕まえてきた結果、本当に人間が傷つく事態を発生させてしまった。その自責の念が、桂木桂馬を本気にさせる。そして落とし神の本気として目指すのは、ハーレム・ルート!
 いちおう理屈をつけると、女神の力の源は愛。ゆえに、攻略経験者を再び恋に落とし、その結果満ちる愛で女神を復活させようというのだ。
 しかし困難はいくつもある。まずは攻略対象者には学園の関係者が多く、他のヒロインを攻略しているときに別のヒロインに目撃されてしまう恐れがある。そして何より、桂馬の味方であるはずの女性陣が、桂馬の本気を妨害しかねない。

 様々な困難を乗り越えて、桂馬はかのんを助けることができるのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神のみぞ知るセカイ 11

2011/02/13 13:47

理想に押しつぶされた心

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 春日檜の心のスキマに巣くった駆け魂がレベル4となり、檜自身も巨大化してしまう。桂木桂馬は、春日楠を連れて、彼女を元に戻すために檜の中に突っ込む。そこで出会った檜は自分の押し込めていた思いを楠にぶつける。
 古悪魔と女神に関する秘密にも新たな展開が見え、エルシーと桂馬の関係にも変化が見えて来た…のかも。攻略中心のストーリーから、ちょっと違った方向に物語は進むみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神のみぞ知るセカイ 10

2010/09/18 03:45

地獄にまつわるエピソードは新たな展開へ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 桂馬が女の子になってしまった五位堂結が完結する。これまでと立場が逆転して、相手に動くように仕向けるところが特徴的。逆の立場から駆け魂狩りを見たことで、それに囚われた女の子たちに対する桂馬の見方も変わっていくかも知れない。
 そして、地獄にまつわるエピソードは新たな展開へと進む。

 今度のヒロインは、春日楠の姉、檜。楠にとって仰ぎ見る存在であり、そしていまなお輝き続けているはずの檜が、なぜ駆け魂の棲むスキマを持っているのか?結編とは違う意味で受身の姿勢から入る桂馬の攻略が始まる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神のみぞ知るセカイ 8

2010/04/18 12:59

周辺から描く攻略対象

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 夏休みも後半に入り、田舎を訪れた桂馬。そこでエルシーが遭遇する、お化けの駆け魂が潜む心のスキマ。そして、ラーメン屋の上村スミレのストーリー。これまでに多かった1対1の攻略というよりは、攻略対象の周辺を描き込んで本人を語るという感じの、少し違ったパターンでのアプローチになっている気がする。
 そして、物語の核心に近づく、天使というパラメーターが、ストーリー上で段々と重要な要素になってきている。アニメ化も決まり、上昇軌道に乗りつつある作者が繰り出す次の一手は?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神のみぞ知るセカイ 6

2009/10/18 18:12

終わっても消えてなくならない

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今回は新たな攻略対象は年下の生駒みなみ一人だけ。描き方も攻略対象視点といつもと違うけれど、年下に対する桂馬の攻略後の感慨もいつもと少し違う感じがする。他には桂馬以外の協力者として、乳性飲料配りのおばちゃんが登場。ハクアのドタバタもあり。
 番外編的な回としては、過去に攻略した中川かのん、高原歩美、小阪ちひろが再登場し、桂馬が家庭教師を引き受ける展開に。桂馬との記憶はないはずの三人だが、何もなくなったわけではない三人との関係にうろたえる桂馬。新地獄の様子も加えて、次の天理編につないでいる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神のみぞ知るセカイ 5

2009/07/19 00:03

自分の理想の世界は自分で作る。でもそれは孤立とは違うの?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今回のヒロイン二人は、ある意味、桂馬以上に理想の世界を追い求めている人たち。これまでのヒロイン達は自分の弱い部分に引け目を持っていたので、そこを突っついてやれば良かったのだけれど、今回はさすがの神様も糸口をつかむのに苦労します。
 この作品はあとがきを読むと作者の意図が丸分かりになってしまうので、コメントの切り口に悩みます。そして、長瀬純編で全てを見ていた二階堂先生が今後絡んでくるのか来ないのかも気になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神のみぞ知るセカイ 3

2009/02/06 08:44

ルールがわかり始めた神のセカイ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱせりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

3巻は今まで一番面白かったです。
どうして面白くなったと思ったのか、考えてみました。

桂馬のキャラクターがちょっと立ってきたから。
それと、地獄とか悪魔の背景が見えてきたから。

やっぱりルールのわからない世界では読む側も遊べませんからねえ。

PFPの設定やらバグゲームに対する桂馬のこだわりっぷりやらで、桂馬の神度がよくわかったというか。

桂馬が成績が良くて頭がいいというのは、まあちょこちょこ出てきていましたが、やっぱり落し神としての桂馬のスペック・・・単純にすごさ、がわかると読むほうも楽しいです。
娯楽として。

あと、きちんとしていたらかわいらしい顔をしているという設定も今回追加されましたね。

これでさらに、桂馬があの莫大なゲーム代をどこから捻出しているのか出てくればいいのですが。

エルシィの同僚も出てきて悪魔の世界も広がってきたし、今後が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神のみぞ知るセカイ 3

2009/01/17 22:03

生き方の沸点を合わせるというのは良い言葉だ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今回の駆け魂の持主は、武道家の春日楠。生き方の方向性が真逆の彼女に対して、桂馬はどう攻略するのか。そして、エルシィの友達ハクアの登場により、駆け魂の正体も明らかになります。巻末には楠のその後を、本体表紙にはPFPの説明を収録。
 極端なまでの指向性を持った桂馬の存在に敬意まで感じられる理由の一端は、巻頭に収録されているストーリーで現わされている。とにかく中途半端ではなく、突き抜けているのだ。ゲームの世界に対する凄まじいまでの愛は、分野が違う人から見ても、超一流と呼べるものだろう。
 エルシィの登場による強制イベントは、リアルとの接触を頑ななまでに拒否している桂馬を、否応なくリアルに向き合わせる。リアルイベントを攻略するため、桂馬がヒロイン達に向かって叫ぶ一言ひとことが、いずれボディブローのように桂馬に効いてくる時が来る気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍神のみぞ知るセカイ 26

2017/06/03 17:11

はなしが深い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふったん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちひろエンドは当然の帰結てわけじゃない。現実は続くんだし。だから女神の女の子達は結衣が言うように、チャンスがあると思う。しかし、ドクロウの戦いぶりはすごいわー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

やっと完結!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオトロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

長い間読んできた神のみぞ知るセカイが、やっと完結を迎えるということで買いました!最後までハラハラして読み進め、ラストで驚きの結末があったり、すべての伏線を華麗に回収していく作者の凄さに改めて感動しました。
まだまだ全然続けることができるシリーズですが、この辺で終わっておくのがやはりいいのかなという感想を持ちました。
若木先生の次の作品が楽しみです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神のみぞ知るセカイ 19

2015/09/30 11:26

迫る危機、迫られる桂馬

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヴィンテージによる包囲網が狭まりつつある中、女神最後の一柱であるメルクリウスの宿っている高原歩美の攻略に全力を注ぎたい桂木桂馬だったが、桂馬に恋心を抱く小阪ちひろもそれに同道することになってしまい、いつもの調子で攻略が進まない。
 ノーラの助けを得つつ、ハクア・ド・ロット・ヘルミニウムはヴィンテージの攻撃から桂馬たちを守ろうとするが、敵の数が多すぎて、桂馬の告白イベントをことごとく邪魔されてしまう。あげく、小阪ちひろは桂馬がゲームの攻略のごとく歩美を落とそうとしていることをばらしてしまい…。

 表紙通り、今回の主役はやっぱりちひろだったのかな。舞校祭のステージで歌うちひろは、女神たちの輝きに負けないくらい輝いていた。悲しみも光なんだね。
 しかしやっぱり今回もファンタジー部分はなおざりになっているが、それもまたこの作品の仕様だろう。でもおかげで、旧悪魔の封印後も女神たちが残っている理由がよく分からなかったな。

 歩美は桂馬すら翻弄する強力なキャラクターです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神のみぞ知るセカイ 17

2015/09/18 16:06

相手の傷心も受け止める

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

中川かのんとアポロを助けるため、ユピテルの姉妹最後の一柱であるメルクリウスの復活を目指す桂木桂馬は、女神が宿っている可能性のある残る二人、高原歩美と小阪ちひろの攻略に挑もうとしていた。
 風邪を引いたことを好機として歩美を見舞いに呼び、好感度を高めることに成功したと思ったのも束の間、後からやってきたちひろの扉越しの告白を聞かれてしまい、歩美は一歩引く展開となってしまう。

 しかたなく、ちひろを先に攻略すると決めた桂馬。時は正に舞島学園芸術文化祭。恋愛進行にはうってつけの舞台が作られている。だが、歩美とちひろの仲の良さが恋愛フラグの進行を阻害し…。

 一方、新地獄では、冥界法治省極東支局亡霊対策室長ドクロウ・スカールにヴィンテージのことを報告したハクア・ド・ロット・ヘルミニウムがヴィンテージによって捕らえられ、下着姿で拷問を受けることになってしまう。

 女の子が傷つく表情を見て自分も傷ついてしまう桂馬。彼も相手の心を慮るという、これまで三次元では発揮することの無かった高等スキルを身につけてきたように思える。それもこれも、攻略が完了すれば記憶がなくなるという安全装置が無くなったせいでもあろう。
 そして、新たな思いを胸に新地獄を脱出するハクアのエピソードも良い。証の鎌に託された思いを抱え、その力を遺憾なく発揮することが出来るのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

30 件中 1 件~ 15 件を表示