サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1217-20)

Payトク 20%残高バック(~12/31)

電子書籍

ひとりぼっちの地球侵略 みんなのレビュー

  • 小川麻衣子(著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
13 件中 1 件~ 13 件を表示

とにかく、一冊目から読んでくださいっ!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aiyuarr - この投稿者のレビュー一覧を見る

SFっぽいというか、多分SFなんでしょうがw、
カバー剥がして視られる裏設定やつぶやきをココは無視して、

“美しくも優しくて残酷な”「侵略モノ」まんがを、
とり敢えず追っかけていただきたいのです。

 きっと、このお話を“愛さずにはいられ”なくなると
思うのです。

 “思わず買って”しまっても、そうは後悔しないしないでしょう。

 作者さんは「原作もの」「派生もの」とかもやってらした方ですが、
説得力や絵描きとしての力量はとても高く、
冗長な設定説明やしつこいネガティブ展開もなく
とにかく楽しませてくれるマンガだと感じられました。

 キャラが、とにかく可愛いんですよ~!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ひとりぼっちの地球侵略 1

2015/12/16 11:41

ひとりぼっちではなくなった

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴー - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙とタイトルに惹かれて読んでみました。

デンパちゃんかと思って読んでみたら、彼女は本当に宇宙人で、地球を侵略するためにいるということです。そして、ひとりぼっちで地球を侵略しなければならない彼女が心の拠りどころとして見つけた少年。

絡みはわりとのほほんとしていますが対比して、襲ってくる他の宇宙人とのバトルもあって面白いです。

仲間を見つけ、ひとりぼっちではなくなった彼女ですが、最後には地球を侵略してしまうのか。彼との関係はどうなるのか気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ひとりぼっちの地球侵略 3

2015/12/16 11:55

ちょいちょい嫉妬している大島センパイ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴー - この投稿者のレビュー一覧を見る

他のクラスメイトと仲良くしている広瀬くんに嫉妬している大島センパイがかわいいです。でも、自分の仲間として心臓まで与えて囲っているんだから、当然っちゃ当然な気もしますが。

そして、新たなキャラクターが出てきました!アイラちゃん。薄っすら宇宙人の血を引くハイブリッドで、相手の心を読む能力を保持しています。そのおばあさんが次巻でキーパーソンになってくるようで。次巻も楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ひとりぼっちの地球侵略 2

2015/12/16 11:49

宇宙人もいろいろ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴー - この投稿者のレビュー一覧を見る

1巻目のように、やみくもに襲ってくる宇宙人がいれば、リコのように純粋で可愛げのある宇宙人もいることがわかりました。

追い詰められ、もう殺されてしまうという場面で、情報収集のために子ども達と会話していたときにもらったカードについて
「大切なものだから ぼくを燃やす時いっしょにお願いね…」
と一言言った時、健気だなぁと切なくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ひとりぼっちの地球侵略 1

2017/01/01 20:35

絵がかわいい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:面影 - この投稿者のレビュー一覧を見る

試し読みで絵が気に入って購入した。とてもかわいい。今10巻まで読んでいるが、SF設定やシリアス展開なしで日々の学校生活を送る青春日常ものでも許せるかわいさ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

安らぎを求める絆

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

広瀬龍介、広瀬凪と広瀬岬一の双子という三兄弟は、祖父に育てられ成長してきた。龍介は祖父が経営する自家焙煎軽喫茶「天の海」の隣の洞谷堂書店に就職し、女癖の悪い広瀬凪が入院している間に、地味で印象の薄い弟である広瀬岬一は、青箱高校に入学した。
 しかしその初日に、奇妙なかぶり物をした二年生の女子である大鳥希に、岬一は声をかけられてしまう。普通であれば女子に声をかけられるがごときイベントは凪のものなのだが、どうやら彼女は珍しく岬一だけに用事があるらしい。だがその少女は彼に、宇宙人と会ったことはないか、と聞いてくる。

 教師の介入で大鳥希は逃げ去り、後には訳の分からない広瀬岬一が残された。しかしその夜、彼の家に怪物がやってきて、彼の祖父を飲み込んでしまう。その場に現れたのは、あの少女、大鳥希だった。

 見た目は可愛らしい女の子は、実は怪力の宇宙人でしたという、「<a href="https://www.amazon.co.jp/dp/B002DE7CQG/ref=as_li_qf_sp_asin_til?tag=travelreports-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=B002DE7CQG&adid=1FQDBT2XN077DSC7WK7R&" target="_blank">最終兵器彼女</a>」の様な空気感をたたえた作品に思える。
 ひとりぼっちで地球侵略に送り出されたという彼女は、子どもの頃から侵略のためにだけ育てられ、自分以外の他者と関わった経験を持たない。だから、自分の心臓を分け与えた相手である岬一に対し、自己の延長線上として信頼できる存在としての他者という位置づけで、親近感を抱くようになる。

 だが岬一から見れば、彼女は日常に入り込んできた異物。日常の延長線上で、少しずつ着実にやりたいことを成し遂げていきたいと考えている岬一にとっては、非日常というのは忌避すべきモノでしかない。
 しかし実際に接する非日常の権化であるはずの希は、決して彼に非日常の側面を見せず、穏やかな日常の中でのみ、岬一との交流を続けていこうとする。でもそれは欺瞞であり、いずれは破綻する時を迎えるのだ。

 彼らの出会いの時に起きた出来事や、凪の病気との関係など、色々な要素が絡みついて展開していきそう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

SFファンタジー学園もの?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Masetto - この投稿者のレビュー一覧を見る

高一の男子とぶっとんでいる変わり者2年の女子の先輩との絡み。。。?と思ったら彼女は実は宇宙人で地球を制服するために来ているという。 他の宇宙人もいろいろ来るので他の宇宙人に征服させないために戦っているらしい?。。。で コメディなのか怖い話なのかちょっとわからないところがおかし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

仲間

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みるちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

大鳥先輩はなぜか双子の兄の凪をさける。1人で戦う先輩が一緒に戦おうって言ってもらえてうれしかったっていうシーンは良かった。新キャラのリコがかわいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

表紙好き

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みるちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルもいい。双子の男の子が主人公で意外だった。変なお面を付けて現れた先輩に驚きました。不思議な世界観。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ストーリー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

途中で飽きたと、言うかストーリーが分からなくなってしまった。
全体のストーリーと言うか構想的な物を知って読んだら評価変わるかな

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

展開が...

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

1~3巻を無料お試しで購入しましたが...
途中分からなくなって断念。恐らく簡単なストーリーを知った上で読めば入って来たのかも...

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ひとりぼっちなの?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ひとりぼっち???地球侵略???
評価もよく、お試し版もあったので、無料購入してみましたが1巻で挫折しちゃいました
(>_<)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ひとりぼっちの地球侵略 10

2016/07/28 20:16

役不足のゾキと先輩の疎外感

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:蓼喰う虫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

10巻はまるまる1巻かけての次なる展開の下準備の巻であります。岬一の戦闘員としての覚醒、マーヤと大鳥先輩の対比、アイラと龍兄の関係、そして凪に潜んでいたゾキという名のゴズの王弟の目的などなど。注目すべき事柄はたくさんある、のですがなんとも盛り上がりに欠ける気を抱くのはなぜだろうか。それはゾキが役不足であるから、そして先輩と岬一の絡みが少ないからだと私は思うのです。

まずゾキだが彼では凪の代わりとしてはどうも映えない。キャラはたっているのだが如何せん魅力をあまり感じません。読者としては岬一と凪の関係に注目するのが当然であります。しかしゾキの登場で凪の存在が薄くなってしまう。そこに物足りなさを感じてしまう。ただこのことは作者自身もわかっているだろうし、これからの話では岬一と凪の関係に徐々に焦点が移っていくはず。そこに期待したいと思います。

次に大鳥先輩。マーヤとの関係については深まっていくが今巻では岬一との絡みが少ないなと感じます。この物語の肝は何より岬一と先輩の関係であります。9巻では先輩は修学旅行で岬一と同じ場にはあまりいなかったとはいえ、彼女の心は岬一の方に常に向いていた。しかし今回はあまりにマーヤの方を向きすぎている気がします。マーヤとの関係は重要であるがもう少し岬一との絡みがあってよかったのではないかと思うのです。

ここまでほとんど批判だけですがこの巻が面白くないというわけではありません。不満というと上記の2点くらいでなのです。買う価値は十二分にあります。ただ好きな漫画だけに思うところがあった、というわけです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

13 件中 1 件~ 13 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。