サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

電子書籍

ARMS みんなのレビュー

  • 皆川 亮二(画), 七月 鏡一(作)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

戦闘マシーンか、人間か。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yaeba - この投稿者のレビュー一覧を見る

人類の運命を背負って生まれた四人の少年・少女達。
仲間と共に、大切な人を守る為、人類を守る為、巨大な悪の組織と戦う。

この四人は「ARMS」という兵器を体に移植されている。通常は、ごく普通の少年少女であるが、「大切な人を守りたい」というような純粋な願いを強く思ったとき、自分の中にあるARMSが「力がほしいか?」と問いかけ、発動する。

彼らは人間以上の能力をもって生まれた。でも、自分の意志をなくしたまま先に進めば、人間以上ではなく人間以外になってしまう。「力に支配されたくない」。完全に兵器にならぬよう、自分の心や意志を保ったまま、彼らは必死に戦っていく。

戦いのシーンの連続の連続で一見すると残虐だけれど、その中には友情や希望、正義といった温かいものがつまっている。そういった感情こそが主人公たちを前進させる。そして、そうした感情を抱えているという事自体が、人間である証なのだ。

読んでいて、熱くなるマンガである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ARMS1

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

事故で右腕を切断を余儀なく...だったはずが、名医により無事切断を免れた。
と、思っていたら右腕が化け物の如く変態した。

この様な「ARMS」を持つ者が4人いるらしい...
なぜ、この様になったのか...
また、このARMSを持つ者を狙う謎の組織。

1巻はプロローグって感じですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

善と悪

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 <バトル・マンガ>のおいしいところを全部詰め込んだような作品。謎の転校生がやってくるという冒頭から、いきなりバトルがはじまり、主人公が騒動に巻き込まれ、幼馴染の美少女を助けたり、敵だったやつがいつのまにか仲間になっていたりと、まあそんな感じの話。ありきたりといえばありきたりだけど、そこそこ面白い。ただちょっとキツイなと思ったのが、「敵」から「味方」、あるいは「悪人」から「善人」へと、あまりにもあっさりと転換すること。これにはちょっと興ざめ。確かに、善人はとことん善人、悪人は徹底的に悪人、ってのが<バトル・マンガ>お決まりのパターンで、それが単純に楽しめる要因のひとつになっているとはいえ、いくらなんでもこうも露骨にやられると…… 「はいはい、こいつもどうせ仲間になるんだろ」という冷めた目で見てしまう。まあ、この良くも悪くも二元論的な価値観が、大多数の<バトル・マンガ>を支えているのは事実なわけだけれども、しかしもうちょっと違う方法はないものかと少し思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ワクワクドキドキです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんや - この投稿者のレビュー一覧を見る

ついに最終巻となってしまいました。
初めは絵の感じから好きになれなかったが、友人に勧められ最初の2巻を借りて読んでみると、すっかりはまってしまい、次の展開が気になり、すぐに本屋でそれまで発売していたものを買いあさってしまいました。
ARMSの能力を手に入れてしまった主人公たちは多くの困難がありながらも迫りくる敵に立ち向かっていきます。詳しくは読んでもらえばわかります!
とりあえず1巻を読んでみてください。すぐにとりこになります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示