サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

【集英社】週刊少年ジャンプ50周年記念読書マラソンキャンペーン(~7/31)

電子書籍

失恋ショコラティエ みんなのレビュー

  • 水城 せとな
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー33件

みんなの評価4.1

評価内訳

33 件中 1 件~ 15 件を表示

なんでしょうかこの不思議な引き込まれようは…

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:A-1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

センチメンタルなお話なのか?と思わせる題名ですが、
さすがは水城先生…ひと味もふた味も違います。

ずっと好きだった…少しの間つきあっていた(と思っていた)彼女に振られ、それでもまだ好きだから、どうしても振り向かせたい…
そう思って、失恋のやけくそからフランス留学。ショコラティエになって彼女のことを見返して、しかも好きだって…告白されたい…
と、数年後…本当にショコラティエになって日本のマスコミもにぎわせながら帰国したのだった。

ここまではラブコメものによくあるソース。

しかし、違いますよこのお話は…(ーー;
まだここでラブラブハッピーエンドにはならない…
といってもまあ、普通ならないかもしれないけれど、そういう意味で違うというのでなく…違うのです。

憧れの彼女は彼の帰国とマスコミの評判を聞きつけ、賞賛と共に来店してくれるのですが、購入と共に、もう決まった人がいることも告げて帰っていくのだった。

しかし、彼は諦めない。終わらない。
しかも、熱くアタックするのではなく…(^^;

冷たくあしらってみたり、自分のキャラクターにない所を演じて見せたり、といいながらも、薄い演じ方で、ターゲットは彼女一人。
完全に勘違いな態度を取っているのは傍目には明かなのですが、本人は必死。

この、あいたたた感、ある意味なんか身につまされますよね。
恋は盲目だ。

チョコと同じように、僕を好きになって欲しい…

まだそうつぶやいている内容が軽いのに粘着質な感じがドン引きできる彼(店長)の態度の表し方に、従業員(といってもつきあいは長い友人達)は、いやいやほんとムリでしょ…とあきれ顔なのだが…。

本気の人を見つめて居る人には、憧れの気持ちも芽生えます。

残念ながらターゲットの彼女以外の人のみの様ですが(;・)

そんなことも気づかず、相棒の恋の予感も、妹の悩みも気が付かぬまま、彼の真っ当なショコラティエとしての挑戦は続いていきます。

昔、この人の絵も作風も苦手…というか、むしろ嫌いだったのですが、
近年、類推の出来無い新しい風合いの絵を描き始めてからのこの作家さんの作品は、お話の内容も、格段に他の追随を許さないような高みに登ったように思います。
そのくらい、作者名買いができる作家さんです。

毎作、どこか気持ちをざわつかせるお話をよく書いている。

そこが昔私が苦手だったところの最大のポイントだったとも気づき、
そういう意味では根底は同じだと感じるのですが、
持ち味の料理する術を覚えた料理人のように、読み手を酔わせる作品を書かれています。

男女、年齢問わず、是非ご一読を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍失恋ショコラティエ 1

2016/03/19 20:16

チョコレート

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぺろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマを見てこちらを読んでみました。爽太はサエコさんのために凄く尽くすのですが
サエコさんは結婚してしまいます。それでもあきらめきれず想いつづけるというのが凄い一途でサエコさんは幸せだと思うのですが実際にこういうタイプがいたら少し重いかもしれないなーっと個人的には思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

まつりと

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマと同じ流れです。
まつりとオリヴィエの話がいい感じです。
振られて落ち込むオリヴィエがいいですね。
そしてその中でも笑いがあるのがいいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

リクドーさん

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

リクドーさん登場です。
ドラマ通りのおねぇ系ですがもっとおねぇですね。
でもって爽太君は男前対応です。
悪い男を目指してますますかっこよくなってます。
こうゆう男に惹かれるよねって感じですがさらに可愛いところもあるからいいんですよね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ドラマと同じ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマと同じ展開です。
読んでいて思わずドラマとかぶることが多いですがそれはそれで楽しめます。
敢えて言うなら主人公が松潤より男前かなぁ。
顔じゃなくて性格がね。
ドラマより男前って感じで楽しめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

終わったあ・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かど - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドロドロの泥沼に転ばせることもできそうでしたけど、終わりはわりとさわやか。
なぜか終盤になって台頭してきたまつりちゃんとオリヴィエ大勝利。
結婚式エンドってよくありますけど、あえて主人公の結婚式ではないところが!いいかも!!と思いました。
主人公のことなんてまるでオマケのような最終巻でした。
なにかこう、いろいろもやもやするところがあっても、結婚式で〆られると
終わりよければすべてよしみたいな雰囲気になりますよね。
なんかそれで丸め込まれた感ありますけど、このオチは嫌いではないです。
ドラマの終わり方も好きでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍失恋ショコラティエ 1

2015/07/17 14:43

チョコレートが食べたくなる話

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もも~ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校の先輩に振られ、それでも忘れられず、彼女を振り向かせるべく彼女の好きなチョコレートが作れるようにパリに修行に出る小動爽太。 チョコレート王子として帰国し、彼女と再会を喜ぶのも束の間、彼女の結婚式のケーキを頼まれる。 人妻となってもなお忘れられず恋の駆け引きに励む爽太とその無謀な恋を支える周囲の人物達によって織り成される人間ドラマ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

感動の最終巻!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

水城さんの良いところは、登場人物のセリフに感銘を受けるところなのですが、この作品は、特に印象に残るセリフが多かったように思います。
今回は、薫子ちゃんのセリフと、リクドーさんのセリフに、グっときました。
まつりが切りつけられる場面では、私は切り付けた子のセリフに共感してしまいましたし・・・
唯一、爽太が、サエコさんを想って泣くシーンでは、大泣きではなく、ツーっと一粒の涙が頬をつたる・・・って感じの方が良かったかな~、なんて、思ってしまいましたが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

終わってしまいました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Say - この投稿者のレビュー一覧を見る

失恋ショコラティエ最終巻は、不評も多いようですが、個人的には非常に満足できるラストでした。
サエコさんに始まって、サエコさんに終わる。やっぱりこうでないと。
ここからちょっとだけネタバレです。

特に最後の通販展開は、こんな状況になっても、サエコさんがいつでもソウタのチョコレートが食べられるという流れがとても素敵で、サエコさんのクチビルのアップは、このお話のエッセンスが全て凝縮されているようで感動。
他のメンバーの恋も収まるところに収まって、8巻から半年以上も待った甲斐がありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ドラマ化

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫村 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマ化する前から読んでいた作品なので、ドラマ化した際の配役に少し納得いかない気がしました。ドラマはサエコさんとも、エレナとも、結ばれずに終わりましたが、漫画の方では、どうも異なる結末が用意されている?ような話をどこかで見ました。次の巻か、その次で最終巻になるのかもしれません。どんな結末か楽しみに待ちたいと思います!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

クリエイティブな失恋

19人中、19人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供の頃から周りの女子たちがなぜ恋愛マンガばかり好きなのか分からなかった。ドラマも映画も、多種多様な人間の感情のひとつに過ぎない恋愛感情を、なぜこれほど取り上げることが多いのか不思議だった。それがこの作品を読んで少し見えた気がする。恋愛は人生の花だというが、その理由がここに描かれている。
主人公・爽太は恋する「妖精さん」ことサエコに振られて一念発起、フランスへチョコレート修行に出、帰国後「チョコレート王子」となるが、それでもサエコとはなかなか結ばれない。すると今度は人妻になった彼女のために、爽太は悪い男になる修行を始める。
確かに彼らが現実に居たら、爽太は面倒くさい男で、サエコは傍迷惑な女だ。けれど男女ともに、してあげることよりしてもらうことばかり望んで、都合の良い相手ばかりを求めがちな昨今、彼らは本物の恋をしている。下心はあっても打算はなく、夢も見るけど地に足もついている。そのすごく絶妙なバランスが、ストーリーに臨場感と現実味を持たせていて、引き込まれた。
恋愛ものの結末は、別れるか結ばれるかどちらかしかないことが多い。けれどその過程に実りがあれば、花は咲いたといえるだろう。だから花を愛でるように、女子たちは恋愛マンガが好きなんだと思う。私も女の端くれとして、七色の感情に染まる世にも美しい幻の花を、しばらく眺める気持ちで読んだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ソータがサエコさんに求めるものがこの7巻で益々見えなくなった!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まひる - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラブイズブラインドのソータ、まんまとサエコさんの術中にハマってしまったと言って良いのだろうな〜。みんな自分の考えや想いに素直に行動した結果で、誰が間違っているとは言えない流れ、ただサエコさんの言う愛される努力はある意味納得出来るけれど、そんな事しなくても見えるものだってあるはず、でもこれは言ってもサエコさんには水掛け論でしょう。薫子さんはこのまま洗脳かな、途中で気が付いて自分を取り戻せるのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

サエコさん

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱーぷる - この投稿者のレビュー一覧を見る

サエコさん。内心ではどんなことを考えているのだろうと思う人でした。サエコさん、そうたくんなど今後の人間関係がどうなっていくのか気になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

失恋ショコラティエ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱーぷる - この投稿者のレビュー一覧を見る

実写化されたドラマを観ていたので、懐かしく思い出しながら読みました。一人の女性に対して、あんなに一生懸命になれるのってすごいなと感じました。また、美味しいチョコレートが食べたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

切なさがますます・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

片思いの人だらけ・・・
特に主人公二人は思いっきりすれ違ってるし。
六道さんが結構癒しになってるって、病んでる?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

33 件中 1 件~ 15 件を表示