サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

12時 修正:20%OFFクーポン(0921-24)

電子書籍

夢の雫、黄金の鳥籠 みんなのレビュー

  • 篠原千絵(著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー78件

みんなの評価4.2

評価内訳

78 件中 1 件~ 15 件を表示

ヒュッレム無事出産

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しましま - この投稿者のレビュー一覧を見る

連続暗殺犯は予想通りっていうか、この著者のミステリーはあんまり……。
 歴史物としては面白いです。あまり他の人が扱ってくれないところだけに、興味深い。歴史物だけど希少なジャンルだけに先が解らなくて楽しめるし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

時代なのでしょうが

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さいみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

想う相手と結ばれない二人の女性の生きざまに、何とも言えない気持ちになります。男性側の気持ちにも思いをはせますが、この後の展開はどうなるのか…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

夢の雫、黄金の鳥籠(5)

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Carmilla - この投稿者のレビュー一覧を見る

「闇のパープルアイ」などの大ヒット作品で知られる篠原千絵の最新作の最新刊。16世紀のオスマン帝国最盛期の立役者・スレイマン1世とその王妃・ヒュッレムが主人公。もともとは別のマンガ目当てで書店に足を運んだのだが、帯のキャッチコピー「ヒュッレム懐妊」の文字が目にとまり、さんざん逡巡した末に購入。舞台はオスマン朝のスルタン・スレイマン1世の後宮(ハーレム)を舞台に、スルタンを巡る側室とその側近が繰り広げられる、ドロドロの愛憎劇。歴史物・韓流ドラマが好きな人は、すんなり入っていけるだろう。本巻で主人公はめでたく懐妊するが「お腹の子の父親は誰?」という問題が勃発する。スルタンが父親だったらめでたしめでたしなのだが、実は彼女はスルタンに内緒で、彼女を後宮に引き入れた人物と関係を持っていたのだ。もし彼が子どもの父親だったら?不安に思うのは本人だけではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍夢の雫、黄金の鳥籠 1

2013/11/06 14:40

異国情緒あふれてます

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はな - この投稿者のレビュー一覧を見る

闇のパープルアイの頃まだ私は小娘でしたが夢中で読んでいたのを覚えています
あれからずいぶん時がたち気まぐれで手にした本書に胸高鳴らせています
男の闘いがあるように女にも闘いがあります 小娘だったあの頃にはよくわからなかったことでしょう
大人になり世界情勢も理解できる今本書に出会えてよかったです イスラム様式の背景は必見です

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

続きを早く読みたい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とも - この投稿者のレビュー一覧を見る

ついにアルヴィーゼがイスタンブールに戻ってきた。ハディージェの気持ちを考えるととても切ない。ハンガリー遠征も始まり、今後の展開が気になる。
天は赤い河のほとりの新作読みきりも掲載されていて面白かった。というよりも切ない気持ちになった。やはりザナンザ格好いい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍夢の雫、黄金の鳥籠 11

2018/05/16 19:50

逢ってはならない人

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒュッレムは抜け駆けしようとした側室をバツとして、生かしたまま故郷へ帰すが、それは血で争いごとをしたくないという思い故のこと。次の遠征に向けて、新たなつきびとがやってくるが、その人は皇帝の妹ハディージェの想い人でもあり、皇子の父でもある。その二人を引き合わせたイブラヒムの真の思惑とは?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

知力で

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

後宮の中で、ただ一人図書館への出入りを望む主人公。
宦官を金の力で動かすだけでなく、知恵も使い生き延びていく。
案外たくましいのかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

多少地味な展開かな

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みい - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の漫画はほぼ全て読んでいます。派手な展開ではないですが、いろいろ勉強になるな~と、単行本が出てから読んでいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

愛し合っていた二人のすれ違い…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とも - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒュッレムは第一皇女と第二皇子を出産にさらに地位を確かなものにしていく。しかし、自分との間の子という疑念の捨てきれないイブラハムは第一皇子のメフメトの後見は出来ないという…この事が二人のすれ違いの始まり。
次はヨーロッパ攻めの内容になるのか?続きが気になる…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

後見人問題

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:(o´ω`o) - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒュッレムとイブラヒム、どうなってしまうのか…。イブラヒムの気持ちもヒュッレムの気持ちもよく分かるだけに、難しいところ。この先はこの2人の対立に焦点が当たるのかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

第2子懐妊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しましま - この投稿者のレビュー一覧を見る

反乱も鎮圧してカイロ遠征も終わり、イブラヒムもそろそろ帰ってくるな。本編も面白いけど、今回は書き下ろしの「皇帝陛下の一日」が面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍夢の雫、黄金の鳥籠 1

2017/03/19 16:19

攫われた土地でしたたかに生きるヒロイン

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すなすな - この投稿者のレビュー一覧を見る

オスマン帝国スレイマン1世の時代のお話。
篠原千絵さんが好きで、読み始めました。

後宮で渦巻く嫉妬、陰謀の中でヒュッレムは生き残れるのでしょうか。
イブラヒムとの許されない恋も気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍夢の雫、黄金の鳥籠 9

2017/03/09 10:40

ヒュッレムの野望

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

後宮での地位を確かなものにしたヒュッレムだが、まだ安心できずにいる。第一夫人の御子ムスタファ殿下の思いがけない接触と発した言葉で、今までの後宮のしきたりを改革しようと新たな野望が芽生えるヒュッレム。女心から母心へと移り行く心の内が伝わりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍夢の雫、黄金の鳥籠 1

2017/02/22 18:36

史実を盛り込んだ少女マンガ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ladybird - この投稿者のレビュー一覧を見る

9巻まで読了。「赤い河のほとり」と時代は違えども、同じトルコを舞台にした話。以前の作品よりもっと歴史マンガとしての骨組みがしっかりしているストーリーで、面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

気になる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:か~ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

帯に書かれていた’寵姫ヒュッレムは本当に悪女なのか’という文がとても気になります。
ストーリー中にも’それは20年後のことである’とあったのでそれまでの展開の予想がつかずこれからが楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

78 件中 1 件~ 15 件を表示