サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:定期購読キャンペーン(1012-31)

電子書籍

P.A. みんなのレビュー

  • 赤石 路代
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
15 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍P.A. 1

2016/01/27 22:52

面白い

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

赤石さんの作品はいろいろと持っていたり、読んだりしますがこのシリーズが一番好き。
面白いのでおすすめ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

天才的な演技

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:花流 - この投稿者のレビュー一覧を見る

TVドラマにもなったこれ。
ドラマよりも断然面白いです。

主人公、小早川志緒はお嬢様学校(女子高)に通うか弱く儚げな16歳の高校生。
その裏、芸能プロダクションに所属し、そこに依頼される個人的な相手の依頼にそって現実で演技するプライベートアクトレス。
演技は超天才的。
そんな彼女に依頼すると洩れなく幸せもついてくる。
彼女の母親は・・・・・・・。

現実で演技すると言う設定が面白く、マンガならではの味が出ている。
話しも巻が進むごとに進展していきマンネリ化しないのがいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

女優の血

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校生の志緒は、必要とあればあらゆる人物を演じる仕事、PAをしている。高校生にしてはかなり大人びた、そして天才的な演技に驚きます。小手先ではなく、本気で挑む志緒の演技の本当の目的は?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

P.A

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぺろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

小早川志緒はP.Aをしている女子高生。いろいろな人から依頼されてその人物の役を演じる仕事をしています。
1話完結のストーリーなので読みやすいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

P.A

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぺろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

小早川志緒はP.A(プライベートアクトレス)をしている女子高生。2巻では志緒の母親(女優)と交際しているという噂がある知臣と知り合います。でも実は彼も志緒と同業者(P.A)だとわかり・・・。1話完結なので読みやすいストーリーです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

P.A

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぺろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

小早川志緒は学校では病弱なお嬢様のふりをしているけど実際はプライベートアクトレス(個人から依頼を受けて演じる)をしている女子高生。短編ストーリーになっているので読みやすかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

まさに天才!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ユウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 小早川志緒はお嬢様学校に通う16歳の高校生だが、実はその天才的演技力を使って個人的に依頼された人間を演じる、プライベートアクトレスだった…。
 プライベートアクトレスとは、上にかいたように個人的に依頼された人間を演じる仕事で、便利屋みたいなたのまれ友人なんかもありますが詐欺まがいの依頼や遺産相続なんかに関係する依頼もあるわけで少し危ない仕事でもあります。話自体は一話一話完結していて、読みやすいかとおもわれます。志緒は気の強い人で、演技力と強い暖かい心でみんなを幸福にしていきます。
 「たとえばハイネみたい」では不治の病にかかってしまった実業家の、行方不明になってしまった娘役です。父親というものをしらない志緒にとって、父の愛というものはとても大きく、一緒にすごしているうちに何か不思議な感情が生まれたようです。
 「正しいショパンの楽しみ方」は腹違いのお兄さんが志緒に依頼をしてきます。志緒の存在は父も兄もしらないのですが、その父を兄は2人でだまそうといってきて…。
 「シェイクスピアの卵」では、ある人に志緒のアルバイトのことがばれてしまいます。
 シリアスな話がおおいですが、その中で志緒は天才少女なだけにすごく輝いて見えます。これから志緒がどう行動していくのか、楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍P.A.[特別編]

2018/05/17 23:19

3時間のドイル

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カエル - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編の1つがサイレント・アイとのコラボ。どちらの作品も読んでたので楽しかったです。当時はPAなんて漫画の中だけの話だと思ってたけど、今はレンタルとか代行とか実際にあるんだよな。すごい世の中だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍P.A. 3

2017/09/28 11:11

まあまあ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みるちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

1話完結で読みやすいですが、志緒のキャラがだんだん鼻につくようになってきた。40代でも美人女優と言われる母を持ち、天才的な演技力と古典文学に長けてる美少女設定だからかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

プライベートアクトレス

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みるちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

女優の娘の小早川志緒は学校へ行きながらプライベートで女優のバイトをする。1話目と2話目は切ないお話でした。1話完結なので読みやすいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍P.A. 2

2017/09/28 11:07

お母さんに恋人?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みるちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

何と相手は自分と同じ高校生。そして同業者だった。志緒は意外にもすんなり体の関係を持ちます。1話目はサスペンス風でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

PA2

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前半面白かったのにぃ~…
恋愛抜きで、PAって仕事に生きるストーリーでいて欲しかった。
あんな、簡単に寝るなんて…
芝居で寝たのか分かりゃしない…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

PA3

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2巻前半で、面白くなっていったきた所、後半で失速。
3巻に期待したものの、1巻の二の舞。
このPAってマンガは、文学少女向けのマンガですね。
文学知らないんで、ちっとも分からない…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

PA1

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ショパンにシェイクスピア…
そんなのどんな作品か、曲かを知ってて当たり前だよね!?的な展開で設定なのが残念で勿体ないですね。
次巻に期待ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

16歳で早くも結婚?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ユウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 小早川志緒はプライベート・アクトレス。プライベートアクトレスとは、個人的な依頼をうけて、希望される役を演じる仕事のことで、今日も志緒はポケベルに呼び出され、依頼されるままに役を演じる…
 「ウェディングはヒチコック風」での志緒の役どころは大女優・松村春子の息子、宏伸の婚約者。相手が相手なので、いつばれることやらとひやひやものです。しかし、挨拶にいってから志緒は死にそうな事件に何回も遭遇してしまいます。犯人は誰なのか、推理しながら読むのも面白いかもしれません。
 「ルノアールのささやく日」では霊能者&死んだママ役。
「ナイチンゲールはどこへいった」では志緒に恋人ができます。しかも志緒の母親にどうやら恋人ができたもよう。見逃せません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

15 件中 1 件~ 15 件を表示