サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

最大40%OFFクーポン(~6/24)

電子書籍

バルバラ異界 みんなのレビュー

  • 萩尾 望都
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
12 件中 1 件~ 12 件を表示

紙の本バルバラ異界 1

2006/07/25 15:05

十条青羽のあのシーンは読むのが怖い。

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ISH - この投稿者のレビュー一覧を見る

結婚して安らかな日常を得…日毎にその思いは強まって行く。
「死が迫りつつある祖母は、今安らかなのでしょうか。とても気になります」
…そして読んでしまったこれ。最終巻の十条青羽のあれ。二度と見たくないと思うほどに揺さぶられる。
そして思う。「それは、幸福な思いですか」。
彼女はどうか知らん。自分のことは自分に聞いてみる。
…幸福。親を思う親の思いを美しく感じていた。そして思われるその人を素晴らしく思っていた。
それは振り回される子供の心ではない。自分自身で思い決断したこと。幼い子供にだって自分一人で考えられることはある。
関わってはならぬという制限を振り切って感謝と案じる思いを伝えると…「私も孫達に対し同じことを思っていた」と…。
痛みを思う痛みが引き継がれているからでしょう。
けれど、それのどこが不幸なのか。闇。痛み。孤独。恐怖。病。
初めにそれなくして彼女はあの悲しいほどに幸せな夢を思い描けたでしょうか、と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バルバラ異界 1

2003/06/28 15:08

想像の世界を表現できる素晴しさ

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:綿雲ヒツジ - この投稿者のレビュー一覧を見る

待ちに待った萩尾 望都さんの新作です。前作は重いテーマの長編でしたが今作はファンタジーテイストではあるので比較的軽く読めるかと思いきや、謎が謎を呼ぶミステリーでもあります。
ポンポンポンっと軽快にストーリーが流れていくので一度読んだだけでは判らない。けど何度も繰り返し読みたくなる。萩尾さんの作品は何回読んでもあきる事なく、読者自身にも想像する力を与えてくれます。
そして劣ることのない作者の想像力は凄いです。なによりも凄いのは自分の像像したヴィジョンをしっかりと漫画にできる画力。登場人物の体のしなやかな動きはキャラクター達をひときわ生き生きと感じます。

ストーリーでは、少年少女達の永遠の楽園「バルバラ」は夢先案内人によってどう変化していくのかが気になります。期待を裏切らない作者ですから安心してこれからの怒涛の展開を楽しみにしてます。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍バルバラ異界 4

2017/11/24 22:45

いろんな事件が一気に起こり謎が解かれていく

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

体験的記憶、学習記憶を遺伝させる能力。心臓の筋細胞に含まれるある種の酵素が記憶の封印を解く鍵。この4巻では謎解きがどんどん進み新たな自体が巻き起こり、悲しい別れもあるのだが、ちょっと急ぎ足な感もある。それがスピード感を生み出してはらはらドキドキするので悪いとは言えないのだが、じっくり描いてもっと延ばす手も選択肢だったかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍バルバラ異界 3

2017/11/24 21:56

虎の尾とは火星基地の事故だった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

火星の生命体はお互いに食べ合うことによって相手の記憶コードを自分の中に取り入れることができる。キリヤにモーションをかけているライカの親はアフリカで行方不明になっている。バルバラは未来の時間線?一つになるのは火星の生命体の強迫観念でもあるのか。人類補完計画なんて認められるわけがないな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍バルバラ異界 2

2017/11/24 21:20

バルバラ異界は2150年

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

渡会たちの現実はその100年前。火星人学会は急に解散。虎の尾とは何か? 十条製薬の若返り薬で青羽の祖母の別人格マリエンバードが現れる。バルバラ人は島に閉じ込められ、十条製薬の不老不死の薬のために。それとバルバラの住人ダイヤは「新世紀 火星のプリンセス」に出演した元女優。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍バルバラ異界 1

2017/11/24 20:40

数多くの謎が現れる第一巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

夢に潜る夢前案内人渡会。夢の世界バルバラ。2052年が舞台。渡会の息子キリヤが島をコンピュータ内で作ったという。さまざまなバルバラが登場してくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ファンタジーだと思ってました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わらび - この投稿者のレビュー一覧を見る

さわりだけ読んで、ファンタジー世界の話かと思っていたら
SFミステリー的な話だったのでびっくり。
ファンタジックな話に、精神医学や心理学なんかが合わさって
独特な世界観と魅力が生まれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

まさに異次元!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ルーシー - この投稿者のレビュー一覧を見る

萩尾望都先生は、中学生の頃ハマって憧れていた方です。
11人いる!が大好きでしたが、年齢とともに漫画からは距離を置くようになっていきました。
あれから40年。
きみまろさんじゃありませんが、随分と時がたって、再び萩尾先生の漫画に巡り合いました。
やっぱり好きです。この世界観。宇宙観。人生観。
のめり込んでしまいます。ヤバイ!
優しい。暖かい。厳しい。冷たい。緊張感。心を動かされます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バルバラ異界 2

2015/08/18 14:08

萩尾望都さんのSF

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テレグラムサム - この投稿者のレビュー一覧を見る

火星、遺伝子操作、人工子宮、これまでの萩尾望都作品に出てくる要素が沢山盛りこまれていて、人間の内面や関係性、この世の何か解らないような大きな力に飲み込まれていくようなどうしようもなさ等描かれていて、さすが萩尾望都さん!
4巻全て読みましたが、大変面白かったです。
2巻の「冷蔵庫の中のわたしを食べて」の扉絵がとても好きで、このあたりから、ますますのめり込みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バルバラ異界 4

2005/10/11 15:52

重ね描きされた世界

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 バルバラの謎が明かされる最終巻を読んでいる間、とりわけ夢先案内人・渡会時夫の記憶が上書きされていく場面では、私自身の脳内過程が二重化されたかのような眩暈に襲われ、軽い頭痛と嘔吐感をさえ感じた。読み終えた刹那、一瞬のことだったけれど、目に見える部屋の情景が夢の世界の出来事のように思えた。北方キリヤへのトキオの思いが切なく迫ってくる。自我の孤独と「ひとつになること」。
 記憶の「上書き」というと、ボードレールが『人工楽園』で人間の脳髄や記憶に準えた「パランプセスト」(書かれた文字を抹消して重ね書きされた羊皮紙)を想起する。夢と現実の重ね描き。ここで「夢」とは「未来」(死後の世界)のことで、エズラ・ストラディの語るところによると、「人間のもつ抽象思考能力は未来の出来事に影響をおよぼす いわばみる夢は──実現するのだ」。この言葉はこの作品そのものの成り立ちを告げている。
 いや、漫画そのものがパランプセストなのだ(あるいは日本の藝能、文藝に通底するものとしてのパランプセスト)。岡野玲子の『陰陽師』と萩尾望都の『バルバラ異界』。ほぼ同時期に完成したこの二つの作品世界を縦横に遊弋し、そこに重ね描かれた観念や形象を存分に論じきった批評を読みたい(書きたい)。
 とりあえず『バルバラ異界』については、先の抽象思考能力云々と、死者の心臓に宿る記憶物質(福岡伸一『もう牛を食べても安心か』を参照すべし)、そしてケルトが手掛かりになる。「わたしの一族の発生は古い エルベ川ぞいで鉱脈をさがしながらヨーロッパを南下したケルトの古い末えいだ……男も女も早く老いた 20歳をすぎると老人になった 背も低く そう…「白雪姫と七人の小人」の物語の鉱脈堀りの小人のような ハハハ…」。
 あらためて思う。『バルバラ異界』には萩尾望都が書き得たすべての作品の記憶、そしてこれから書かれるであろうすべての作品の予感がパランプセストのように重ね描きされている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍バルバラ異界 2

2012/12/02 23:21

夢かうつつか・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:umihotaru - この投稿者のレビュー一覧を見る

すっかり萩尾ワールドにはまってしまいました。先生の頭の中はどうなってるんだろう、読んでる自分が夢か現実か分からなくなる、そんなモルヒネのような作用がこの本にはあります。昔読んだ「ポーの一族」から更に進化した感じですね。近い将来現実に起こりそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バルバラ異界 2

2004/07/09 17:19

舌足らずな感想

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浅海 - この投稿者のレビュー一覧を見る

早く続き読みたいよー。
と、ぎゃあぎゃあわめきたくなるストーリー。
はあ、やっぱりキレイだなあ…。
と、ため息ついちゃうイラスト。
すっかりバルバラに取り込まれてしまったようだ。

話がすすむごとにバラバラだったものが次々つながっていく様が素敵すぎて
萩尾先生は魔女なのでは?と、意味不明なことを考えてしまう。

とにかく私にはそのすごさを表現しきれないので
いらない事を言うまえにしめたいと思う。

萩尾作品と出会えた私はとっても幸せだ。
今まで読んできた少女漫画とは全然ちがう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

12 件中 1 件~ 12 件を表示