サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

「続刊予約キャンペーン」(0713-31)

電子書籍

富士山 みんなのレビュー

  • さそう あきら
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

<静謐にして苛烈><短編漫画の頂上>という帯コピーは言いえて妙。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:水品杏子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「神童」以来、さそうあきらの漫画にほれ込んでいる私だが、
「この帯コピーはマジでうまないな!」と思いながら購入した。
<静謐にして苛烈>
さそうあきらをあらわすこれほど的確な形容詞があるだろうか(いやない。)
ここに収められているのはどれも、静かに生きる人々の内に秘められていた、凄絶な喪失感/悪意/後悔などといった気持ちが表面化する、という話だ。

さそうあきらの絵は「生理的に受けつかない」という人が私の周りには多い。たしかに個性の強い絵だとは思うし、漫画の絵はデッサンの狂いがなく美しくならなければ、と思っている人には受け入れにくいかもしれない。実は私も正直に言うとこの絵だけなら特に好きでもないのだが、実際に読んでみると、この話はこの絵じゃなきゃだめだな、と思えてくる。

さそうあきらの描く人間は、なんだか生きていないように見えることがある。手作りの人形のようなアンバランスな…。しかし、この生気のなさこそが、的確な現代人像を描くことに成功をもたらすのだと思う。

たとえば。
第一話。事故で弟を無くした若いお針子さん。ある日、電車に飛び込んでしまおうとホームのふちへと歩き出す。そのとき、ちょうど背中にくっついていた針と糸がまるで弟のように彼女を引っ張り、自殺を思いとどまらせる。というシーンがある。
画面を横切る一本の糸の描写。鳥肌がたつ。
この感動は、さそうあきらの絵でなければ得られないものだよなぁとしみじみ思う。

ほかに印象的な話は、
中絶を繰り返すうちに、赤ん坊の幻覚が見えるようになる女性の教師の話である。
感動するのだが、なんともいえない不気味さを残すラスト、必見である。

さて。読み終えてもうひとつのコピーを思い出す。
<短編漫画の頂上>
「富士山」というタイトルにぴったりであるばかりか、決して誇張ではなかった。

短編漫画、というものはとっつきにくいかもしれない。が、これは何度でも読める文学みたいな漫画である。
値段が少々高いが、本書はすっきりしたケース入で、しかも表紙の桜は撮影ホンマタカシであるのだから損はない。このデザインのストイックさもまたなんとも内容にマッチしていて恰好いいのだ。隅から隅まで手の込んだ、文句のつけようのないすばらしい本だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示